受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
戸田さん
戸田 さん 21歳

カナダへの休学留学9ヶ月でTOEIC300点から820点に伸びた理由

カナダの穴場留学地モントリオールのALI校の留学体験談です。
英語が苦手で、家族に勧められた留学で人生が変わりました。

【留学前】

Q. 留学にいくきっかけは何でしたか?

母が高校時代に高校留学をしており小さい頃は英語の先生でした。

また、姉や周りの友達も留学の経験があったので、周りの影響が一番大きいです。

高校の修学旅行でオーストラリアに行き、それが楽しかったのも理由の一つです。

周りに比べて英語が全くできなかったので、この機会に英語が得意になりたいとも思いました。



Q.留学前の英語のレベルはどうでしたか?事前勉強はしましたか?

とにかく英語が嫌いだったので、話すことはもちろん、聴くこともできませんでした。


高校の時も、(周りの反動で)英語は勉強したくありませんでした。なので、事前勉強も特にせず出発しました。

Q.カナダのモントリオールに決めた理由はありますか?

一番の理由は、聞いたことがない街だったからです。

トロントやバンクーバーは周りも行っていたので知っていましたが、モントリオールは日本人が少ないという点も大きな理由でした。


また、モントリオールはフランス語圏でもあるので、フランス語を学びに来ている学生とも仲良くなれると思ったからです。

(実際はあまり仲良くならなかったです)

Q.留学にいく前のモントリオールのイメージを教えてください。

とにかく寒いというだけで、具体的なイメージは持っていませんでした。

とりあえず行ってみようという気持ちでした。



【留学中】


Q.実際に留学してみて、留学前にイメージしたモントリオールとギャップはありましたか?

思ったより街が小さく、自然が豊かでした。

あとは、フランス語の看板や公共施設などのアナウンスがあり驚きました。

Q.フランス語がネガティブに感じたことはありますか?

特にありません。

むしろ、フランス語も同時に覚えれるとポジティブに感じていました。

(ちなみにフランス語は難しく、全く覚えれませんでした。笑)


また、モントリオールの東側はフランス語が主に話されている地域、西側は英語圏と街が多様化しておりその点は驚きました。

街のレストランでは、英語とフランス語が飛び交っていましたが、店員さんはどちらの言語も流暢でした。


住人の中にはフランス語にプライドを持ち、フランス語で通す方もいました。

生まれも育ちもモントリオール_(ケベック州)という方は少なく、ほとんどが他国からの方でした。

しかし、いずれも英語はとても流暢に話されていました。



Q.ALI校の講師陣の感想を教えてください。

総合的にはよかったですが、差はありました。

親身になってくれる方もいたり、淡白な先生もいらっしゃいました。

もし相性の合わない先生がいたらスタッフに相談し変えてもらっていました。

Q.好きな授業はありましたか?

ConversationクラスのHot Topicsという授業が好きでした。

お題を出され、ペアを組みディベートをするのですが、友達とも活発に意見交換ができ楽しかったです。


因みに、レベルは下から2番目からスタートし、最終的に一番上のクラスに入るまで成長しました。(レベルは8段階)

初級から中級までは割とすぐに上がりましたが、中級~上級に上がるまでは苦労しました。

Q.ALI校のスタッフの対応は良かったですか?

日本人のインターン生にとてもよくしていただきました。

英語も堪能で、モントリオールの見所などたくさん教えていただきました。

Q.ALI校では、どのようなアクティビティに参加されましたか?

最初はあまり参加せず、3ヶ月目頃から参加しました。

Welcomeパーティーやサッカーをずっとやってきたので、サッカーのアクティビティ、また、他言語を話すモントリオールの方々と言語交換をするMundo Lingoという

アクティビティはよく参加しました。


胸元に自国の国旗をつけ、お互いの言語を教え合い楽しい時間を過ごしました。

Q.ALI校のネガティブな点をあげてください。

教室が少し狭く感じました。また、Wi-Fiが繋がりにくかったです。

最初は色々と感じることもありましたが、徐々に友達も出来てきてほとんど気になりませんでした。


Q.友達ができたきっかけを教えてください。

外国人は自国の友達と固まる傾向にあり、最初は入りにくかったです。

しかし、一人仲の良い韓国人の友達ができ、輪が広がって行きました。


また、英語が堪能な日本人がおりその友達を介して多国籍の友達とも仲良くなりました。

カナダのW杯も共通の話題となり距離を縮めてくれました。

しかし、結局は慣れだと思っています。



Q.昼食はいつもどうしていましたか?

学校にある売店で、サンドイッチなどを買って食べていました。

また、校外に出て近くにあるマクドナルドやビザ、フードコートにて日本食など日替わりで色々と食べました。


周りの友達は、自分でお弁当を作って持ってきていました。

テストの日は8ドル、普通の日は5ドル以下で抑えていました。

Q.学校までの交通手段は?

地下鉄移動で30分程度です。簡単なのですぐ乗りこなせます。

Q.ホストファミリーはいかがでしたか?

チェコ出身のホストマザー宅でした。

とても優しく、お金さえあればずっと住みたかったです。近くに息子さんの家があり交流もありました。

夜は、リビングでテレビを見たり、会話を楽しんだり、

英語の勉強にもなりますし、食事も出してもらっていたのが良かったです。


ホスト宅を出てからも、交流が続き一緒に食事に出かけたりもしました。

また、メキシコ人やオランダ人、ブラジル人、日本人など他の留学生もおり、お風呂やお手洗いはゲスト専用のものを使っていました。

Q.シェアハウスについて教えて下さい。

1ヶ月後にホスト宅を出て、現地のサイトKijiji(キジジ)や日本人向けのサイトFrom Montrealで情報を集め探しました。

Kijijiはあまり返事がなかったのでお勧めしません。


現地の友達や学校インターンの方に探し方は聞きました。


Kijiji

From Montreal


3週間で6件ほど周り、とても良い条件の家を見つけることができました。

現地で仕事をしている日本人と大学生の中国人と3人でシェアをしました。

電気代抜きで月290 CADドルです。(破格!)

ダウンタウンのリオネルグルー(Lionel-Groulx)駅から徒歩3分くらいの好立地でした。



Q.シェアハウスの良い点と悪い点はありましたか?

良い点は、家賃を抑え、自炊をし節約できる点です。

デメリットは僕の場合、ルームメイトとは同居人という位置付けだったので、そこまで仲が良くなかった点です。


友達が開催するホームパーティーなどにはよく遊びに行っていたので、ルームメイトと仲の良い方はメリットかと思います。

Q.携帯はどうされましたか?

日本で使っていたものをWi-Fiに繋げて使っていました。

また、現地での電話とテキスト用として月々3,000円程(学割)を払い契約しました。

携帯の契約は留学生でも簡単です。

Q.生活面で困ったことはありましたか?

水道水が美味しくなかったです。また、バスの降り方が難しく慣れない間は大変でした。

逆に1ドルストア(日本で言う100円均一)や日本食を購入できるスーパーがあったので重宝しました。

Q.現地の物価(外食や通信費)はどうでしたか?

外食は高いと感じていたので、自炊をよくしていました。

毎週水曜日はタコスが1ドルで食べれるお店があったので、友達とよく食べに行きました。


《月々支出》※以下カナダドル

・家賃 290ドル

・食費(自炊+外食)400ドル

・交通費 50ドル(1ヶ月フリーパス/学割価格)  

・携帯代 30ドル

・お小遣い 130ドル


合計:900ドル(800ドルの月もあり)


遊びは、EVOという民間の学生寮があり、ビリヤード、卓球、プール、PCルームなど無料で遊べるのでよく出かけ火曜日は映画が半額(8ドル)になるのでよく見に行きました。

Q.モントリオールのインターネット環境に関してどのように感じましたか?

カフェやショッピングモール、マクドナルドなど街の至る所に無料Wi-Fiが繋がっているので、あまり不便に感じませんでした。

携帯Wi-Fiを借りる必要性は感じなかったです。家にもWi-Fiルーターがありました。

Q.留学中の一番の思い出を教えてください。

2ヶ月目に、インターネットで現地のサッカーチームを探し、テストに合格したので所属しました。

そこで、リーグ優勝することができて本当に嬉しかったです。


優勝した時は叫んで、カンピオーネをチームメイトと合唱しました!

留学生でなく、現地の方が所属しているチームだったので英語の勉強にもなりましたし、

何より海外でスポーツを通してチームメイトと仲良くなり、優勝を勝ち取った経験は忘れられない思い出になりました。


【帰国後】

Q.留学前と後ではご自身の中でどのような変化がありましたか?(英語力や価値観など)

英語力に自信が持てました。

留学前はTOEIC300点台でしたが、帰国前に学校で模擬テストをした際は820点ありました。

普通に英語を話せるようになりましたし、もっと磨きたいと思うようにもなりました。


留学を終え帰国し、新幹線で実家に戻る車中の日本語の看板も見たくない程でした。

洋楽も聴くようになり、映画も字幕なしで大体は理解できるようになりました。

出発前の自分から考えると想像もできないことです。


また、最初は授業中に分からない点があってもあやふやにしていましたが、疑問点を質問しないことが恥ずかしいと思うようになりました。

加えて、他国の留学生は自国の政治などに詳しく、自分の意見をしっかり持っており、日本のことを詳しく知らない自分も恥ずかしかったです。

海外の友達から、自分の発言に対して「Why?」と聞かれる場面が本当に多かったです。


最初の頃は自分がなぜそう思ったのか、行動したのか理由など言えませんでしたが、

Why?と聞かれることによって、自分の意見をはっきり言えるようになりました。

そこは、出発前と現在の大きな違いだと思います。

Q.振り返ってみてどのような要因が英語力の向上に繋がったと思いますか?現地で特別な勉強はしましたか?

特別な勉強はしていませんが、学校にしっかり通ったことと友達と英語で会話するようになり

自然と英語力が向上したと思います。

Q.留学経験を将来どのように生かして行きたいですか?(夢など)

留学で学んだことを生かして、日本の素晴らしいものを海外に広めたいと思っています。

日本の技術は生活を豊かにすると思うので、メーカーに就職し海外営業を希望しています。

Q.弊社を利用した理由を教えてください。

姉がブルードを通してフィリピン留学に行ったので、紹介してもらい利用しました。

Q.これからALI校へ留学する方にアドバイスするとすれば何を伝えてあげたいですか?

自分が動かないと友達もできないですし、留学生活を楽しくするもの自分次第です。

とにかく積極的に行動することが一番大事だと思います。

また、語学学校に行くなら、語学以外の楽しみも見つけた方がいいです。

僕はサッカーでしたが、何かプラスαがあればより充実した留学生活になります。

頑張ってください!


カウンセラーからのコメント

戸田君とは、留学前と帰国後とお会いさせていただきましたが、前と後では表情や印象も明るく全く異なっていました。
慣れない土地で苦労も楽しい思いも経験されたのだなと見て取れ、元気に話す姿を見てとても嬉しくなりました。
これからの就職活動もその勢いで頑張ってもらい、留学で学んだことを社会人になっても生かしてほしいと願っています。
良いところも悪いところも経験した戸田君の等身大の留学体験談は今後の留学生の励みになると思います。
今後のご活躍をお祈りしています。

後藤みなみ Minami Goto

ALI モントリオール校
戸田さんが通った学校

ALI モントリオール校

カナダ / モントリオール

かんたん資料請求 詳細はこちら

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844