受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

社会人の留学スタイルと留学先として人気の国

社会人の留学には、1週間の語学留学や1年以上の大学・大学院留学など、さまざまなスタイルがあります。この記事では、留学のスタイルや費用や留学先についてまとめました。

目次

   1.語学留学

     2.専門スキルアップ留学

         3.ワーキングホリデー   

         4.海外インターンシップ

        1.アメリカ

        2.オーストラリア

        3.カナダ

        4.フィリピン

        5.イギリス

      ・ 短期留学でどんなことができますか?

      ・ 留学のために仕事を休むにはどうしたらよいですか?

      ・語学留学とワーキングホリデーの違いは何ですか?

      ・MBA留学について教えてください

社会人の留学スタイル

 【社会人の留学のスタイルの例・最短期間の目安・目的】

【カナダの基本情報】
留学スタイル最短期間の目安目的
語学留学1週間〜英語力を高める
ワーキングホリデー1年間〜異文化体験や理解、海外就労体験など
インターンシップ1週間〜海外で働く経験を身に付ける
習い事・おけいこ留学1ヶ月〜習い事・おけいこのスキルアップ
専門スキルアップ留学3ヶ月〜専門性の高いスキルの習得およびスキルアップ
大学留学2年〜大学留学、大学通いなおしなど
大学院留学1年〜大学院進学、大学通いなおしなど
MBA留学1年〜MBA取得のための留学

※表中で紹介した内容はあくまでも違いの一部です。

ひとくちに留学といっても、目的に応じて留学期間や渡航先での過ごし方はさまざま。社会人の留学のスタイルの例と目的、最短期間の目安は上記のとおりです。この中から、1年未満で行けるものや現地で働けるものを中心に4つ紹介します。

語学留学

 語学留学とは、外国語の学習を目的とする留学です。留学先では語学学校などの教育機関に通って言語を学びます。1年や2年などの年単位だけでなく1週間だけでも行けるので、夏休みや年末年始、ゴールデンウィークなどの長期休暇を使って行くこともできます。


留学費用は渡航先や期間によっても異なりますが、たとえばフィリピンに2週間の語学留学をする場合は、約20~30万円が必要です。

専門スキルアップ留学

 専門スキルアップ留学とは、特定のスキルの習得、もしくはスキルの向上を目指すための留学です。学べる専門スキルは「IT」「ビジネススキル」「美容(エステ、マッサージなど)」「旅行関連(ホテルへの就職やツアーガイドなどを目指すためのスキルなど)」「アート」など多様にあり、留学先の国でも異なります。


留学を終えた後は、帰国して就職・転職活動に学んだ知識を活かせる可能性があるほか、場合によっては現地企業に就職するチャンスが開けることもあります。

ワーキングホリデー

 ワーキングホリデー(ワーホリ)とは、日本が協定を結んでいる国や地域(ワーキングホリデー協定国)の文化や生活様式を理解するために、現地に一定期間滞在して旅行したり働いたりできる制度のことです。ビザ申請時において年齢が18~30歳以下のみが制度を利用できます。


ワーホリで滞在可能な期間は国によって異なりますが、1年間が基本です。一度ワーホリビザで滞在した国には、もう一度ワーホリビザで滞在することはできません。しかし、別のワーキングホリデー協定国であればワーホリビザを申請できるので、複数の国のワーホリビザを使えば数年の間海外に滞在することも可能です。


ワーホリにかかる費用は、たとえばオーストラリアにワーホリで1年間滞在する場合にかかる費用は約279万円ですが、滞在先でアルバイトすれば、多少負担を減らせます。

海外インターンシップ

 海外企業のインターンシップの選考に通れば、海外企業での就労体験ができます。業種はIT系、コンサルティング系、ホテルや旅行系などさまざまです。


海外企業のインターンシップには有給のものと無給のものがあります。有給の場合はインターンシップによる収入を現地での生活費に充てられますが、無給の場合は日本を出発する前に十分な滞在費を用意しておく必要があります。


海外インターンシップにかかる費用は渡航先の国や渡航期間、インターンシップで得られる収入にもよりますが、たとえば、フィリピンで6か月間のインターンシップに参加する場合の費用の目安は約30万円です。

社会人留学のメリット

社会人留学のメリットは大きく2つあります。


一つは、生きた言葉を身に付けられる点です。たとえば、英語圏の国に留学すれば、友人との会話や買い物、役所や銀行などでの手続きに至るまでを原則としてすべてを英語で行う必要があります。生活の中で新しい言葉や表現に出会えるだけでなく、似たような意味を持つ言葉の使い分け方、知ってはいたけど使い方がわからなかった言葉の使い方なども学習できるでしょう。


二つ目は、さまざまなルーツを持つ人と知り合えることです。留学生は世界中からやってくるので、学校に通えば日本以外の国から来た人と知り合えます。アメリカやカナダ、オーストラリアなど、移民によって作られた国であればさまざまな民族が住んでいるので、アルバイト先などでも多様な価値観を持つ人と出会えるでしょう。自分とは異なるバックグラウンドを持つ人と行動を共にすることで新たな視点や考え方が身につき、それが新たな発想やビジネスチャンスを生むことになるかもしれません。

社会人留学のデメリット

社会人留学のデメリットは、日本でのキャリアにブランクができることです。


一般的に、履歴書の学歴欄に書ける留学経験の目安は、1年以上の大学留学や大学院留学とされています。語学留学のように学位を取得しない留学経験を履歴書に書く欄は、学歴欄ではなく自己PR欄です。留学の目的や期間によっては、留学していた期間の学歴や職歴が履歴書上で空白になることもあり得ます。この空白期間が帰国後の就職・転職に悪影響を及ぼす可能性は否定できません。


会社を辞めずに留学できたとしても、長期間の休職や休暇が必要になるので、社内でのキャリアや給与に影響が出ることも考えられます。社会人の留学では、帰国後のキャリアに留学経験をどう活かすかまで考えたうえで、計画を立てるのが望ましいでしょう。

渡航時期や航空券の買い方を工夫することで留学費用を抑えられる

 旅行検索サイト「スカイスキャナー」が2015年に行った調査によれば、アメリカやイギリス、フィリピンなど調査対象の9か国への航空券の平均価格は8月が最も高く、次いで7月となっていることがわかりました。逆に、最も安いのは11月で、次が10月、2月と続いています。


また購入後に予約変更ができない「FIX航空券」は、予約変更が可能な「OPEN航空券」よりも安い値段で購入できます。つまり留学先への渡航時期を航空券の値段が落ち着いている時期に設定し、FIX航空券を購入することで、渡航費用を抑えられるでしょう。

留学先の国の例

海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2019」の結果を参考に、日本人の留学先として選ばれることが多い国とその特徴をいくつか紹介します。

アメリカ

 アメリカは、日本人留学生からの人気が最も高い国です。JAOSの調査によれば、アメリカにおける日本人留学生の数は17,642人で1位でした(2018年時点)。留学目的として最も多いのは語学留学ですが、他の国と比べると大学・大学院への留学が目的の人も多くいることが特徴です。


ちなみに、イギリスの教育関連情報誌である「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」が発表した「THE世界大学ランキング2021」を見ると、上位10大学中8校がアメリカの大学です。

オーストラリア

アメリカについで人気の留学先がオーストラリアです。オーストラリアにおける日本人留学生の数は16,426人で2位となっており、アメリカにいる日本人留学生の数と1,000人ほどしか違いません(2018年時点)。


オーストラリアは南半球にある国なので、日本とは季節が逆です。たとえば、7~8月は日本だと夏ですが、オーストラリアでは冬にあたります。季節は真逆ですが時差は1~2時間程度しかないので、時差が10時間以上あるアメリカと比べると、日本にいる家族や友人とは連絡を取りやすいでしょう。

カナダ

日本人留学生から3番目に人気の高い国がカナダです。3か月未満の語学留学生の数はオーストラリア、アメリカに次いで3位ですが、3か月以上の語学留学生の数はオーストラリアを超えて1位となっています(2018年時点)。


英語圏の国として知られているカナダですが、ケベック州をはじめとする一部の州では英語よりもフランス語が話されています。中には英語とフランス語の両方を学べる語学学校もあるので、両方の言語を勉強したい場合はそうした語学学校への留学を検討してみてもいいかもしれません。

フィリピン

カナダに次いで4番目に日本人留学生の数が多いのがフィリピンです。留学目的別の内訳を見ると3か月以内の語学留学が最も多く、次いで3か月以上の語学留学で、この二つがフィリピンへの留学目的の約95%を占めています。語学留学以外の日本人留学生がほとんどいない点は、フィリピンの特徴のひとつと言えるでしょう。


また、「2か国留学」として、アメリカやイギリスといった欧米での大学留学やワーキングホリデーなどの前に、英語力を高めるためにフィリピンでの語学留学を経験している人もいます。

イギリス

日本人の留学先として5番目に人気があるのがイギリスです。イギリスの特徴としては、大学院が1年で修了できる点があります。修了まで2年かかるアメリカやカナダと比べると留学期間が短く済むため、イギリスへの大学院留学は社会人でもチャレンジしやすいかもしれません。

社会人留学に関するQ&A

最後に、社会人留学に関してよくある質問をまとめました。

短期留学でどんなことができますか?

短期留学でできることは、自分自身の考え方や予算次第です。

たとえば「留学期間中は遊ばずにひたすら勉強する」ことも可能ですし、「現地のアクティビティを楽しみながら言語やスキルなどの学習をする」こともできます。

留学のために仕事を休むにはどうしたらよいですか?

数週間程度の短期留学であれば、有給休暇を使うことになるでしょう。「有給休暇を使いにくい」「長期間にわたる有給休暇の利用が認められにくい」という職場で働いている場合は、夏季休暇や年末年始休暇、ゴールデンウィークといった長期の休暇を利用するのがいいと思います。会社によって制度が整っていることもあるので、まずは上司に相談してみるといいでしょう。

語学留学とワーキングホリデーの違いは何ですか?

語学留学とワーキングホリデーの違いとしては、以下のような点が挙げられます。

【カナダの基本情報】
語学留学ワーキングホリデー
ビザの種類なし or 学生ビザワーキングホリデービザ
滞在期間最短1週間から1~2年
就労の制限就労不可もしくは労働時間の制限あり制限なし
就学の制限入国時のルールや学生ビザの有効制限に基づく国によっては制限あり

語学留学は期間によってはビザなしでも行くことができ、ビザが必要な場合は学生ビザを取得します。一方、ワーキングホリデーは「ワーキングホリデービザ」というビザが必要です。語学留学の場合は最短1週間から挑戦できますが、ワーキングホリデーは1年間のことが多く、国によっては2年間というケースもあります。


語学留学とワーキングホリデーでは、現地での就労についても制限が異なります。語学留学の場合、ビザがなければ現地でアルバイトなどをすることはできません。学生ビザで滞在する場合はアルバイトできる可能性がありますが、「週〇時間まで」など、労働時間に制限が設けられることが多いようです。


一方、ワーキングホリデービザの場合は労働時間の制限はありません。ただし、ワーキングホリデービザの場合、労働時間には制限がなくても、就学期間については「最大6か月」などの制限が設けられているケースがあるので注意してください。

MBA留学について教えてください

MBAとは「Master of Business Administration」の略で、日本語では「経営学修士」と言われます。 MBA留学とは経営学修士の学位を取得するため、海外の大学院に通って経営に関する知識などの獲得を目指す留学を指します。


MBA留学をするには「大学の学位があること」「社会人経験が3年以上あること」などの条件に加え、現地の言葉を一定レベル以上使えることの証明を求められるのが一般的です。語学留学は英語などがまったく話せなくてもできますが、MBA留学は一定の語学力が必要になることを知っておきましょう。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

櫻井龍 Sakurai Ryu

サッカーでは船橋市立船橋高校で全国制覇を経験。大学卒業後、ジョイフルホンダつくばFCにて1年間、ヨーロッパでプロとして1年間プレーする。StudyInでは、事業開発兼留学コンサルタントを担当。

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844