受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

【フィリピン留学を考えている方必見】フィリピン人の英語力を徹底調査!

フィリピンは近年留学先として人気が上昇中の国ですがフィリピン人講師陣の英語力を疑う方もいらっしゃると思います。この記事ではフィリピン人の英語力が本当に信頼できるものなのか、どんな人がフィリピン留学に向いているのか徹底解説していきます!

目次 

  1. 英語圏の人と比べたフィリピン人の英語
  2. 非英語圏の人と比べたフィリピン人の英語
  3. フィリピン講師の授業は有意義なのか
  4. 英語はフィリピン中で使われている
  5. フィリピン留学に行きたいあなたが注意すべきこと
  6. 最後に

英語圏の人と比べたフィリピン人の英語

訛りがある

英語レベルには講師によって個人差があるのが前提ですが、フィリピン人にとって英語は第二外国語なので基本的に彼らの英語には訛りがあります。

動画ではアメリカ人女性とフィリピン人男性が英語で話しています。


フィリピン人の中には彼よりも強い東南アジア訛りの持ち主がたくさんいますが、英語講師のレベルの基準としてこの動画の男性の訛りをあげました。


この訛り、一見フィリピン留学のマイナスポイントのようにも思えますが、実はこの訛りは日本人にとって聞き取りやすい訛りと言われていて、スピーキング力を上げたい方にとっては会話がスムーズに進むのでむしろプラス面とも言えるのです。

第二言語として学んでいる

フィリピン人にとって英語は第二言語です。


そのため、フィリピン人講師は母国語として話している英語圏の講師よりもノンネイティブが何につまずくのかを理解している人が多く、授業もノンネイティブの苦手な分野を丁寧に教えてくれる方が多いです。


また第二言語であることを一因としてフィリピンでは日本人が学校で習うような綺麗な英語が話されていて、スラングやイディオムの使用率は低いです。

話すスピードがゆっくり

上で述べた「第二言語として学んできた」に関連して、そんなフィリピン人は英語圏の人々に比べてゆっくりな英語を話します。


訛りと同様に、欧米のスピーディな会話についていくのが困難な非英語圏の英語学習者にとって、このゆっくりな英語が話されている国フィリピンは英語力を上げるのにもってこいの環境です。

非英語圏の人と比べたフィリピン人の英語

フィリピンでは英語は公用語

フィリピンではフィリピノ語(≒タガログ語)と英語の2つが公用語とされています。


とは言え、上で「フィリピン人は英語を第二言語として学んでいる」と記載したので日本人や中国人などと同様に英語をスラスラと話せる人は少ないんじゃないのと思っている方もいるのではないでしょうか。


実はそれ、カン違いです!


7000を超える数の島からなるフィリピンは多民族国家で、そこには170を超える言語集団があります。


つまり日本語でいう方言のようなものが170以上あり、津軽弁話者の日常会話に標準語話者がついていけないのと同様にフィリピンでも地域によって母語に違いがあります。


その共通語として選ばれたのが当時フィリピンを統治していたアメリカ人の母語英語ならびにフィリピノ語だったのです。


英語が公用語であるという事実はフィリピンでは他の非英語圏の国に比べて英語を話せることが多いことを示すと言えます。

ランキングから垣間見えるフィリピン人の英語力

実はフィリピン人の英語力はあなたが思っている以上に高いです。


文化交流や語学留学などを主に扱う会社であるEFによる調査によると、フィリピン人の英語力はアメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏を除いた非英語圏88カ国中14位を占め、アジア圏だけで見ると世界3位のマレーシアに次いで2位です。


日本の順位が世界49位、アジアで11位という結果と比べれば、フィリピン人の英語力の高さは明白ですね。

参考: https://www.ef.com/ca/epi/compare/regions/ph/jp/ 

フィリピン人講師の授業は有意義なのか

結論から言うとフィリピン人講師の授業を有意義であると感じられる人は限られています


しかしこれはどの国、どの学校への留学に関しても言えることで、全ての人が120%満足できると言う留学先はなく、各々の英語のレベルや予算、性格などに応じた国、学校を選ぶことが重要なのです。


次はどんな人がフィリピンへの留学に向いているのか英語力の観点から紹介します。

フィリピン留学に向いているのは英会話初心者のあなた

ここでいう英語初心者はこんな方

ここで述べている英語初心者はTOEICの点数でいうと700点未満の方です。


また、TOEICの点数は取れているけれど文法はできるけれど会話が全くできないという方にとってもフィリピン留学はぴったりです。


上でフィリピン人講師の授業を有意義に感じられる方は限られていると述べましたが、日本の英語学習者の多くは英会話に慣れていないため、日本人のみに関して言えば、留学経験等のないほとんどの人にとってフィリピン人講師の授業はとても有益なものとなっています。

こんなニーズを持っている英語初心者はフィリピンへ行こう

フィリピン人講師はゆっくりで綺麗な英語を話すだけでなく、留学生としてたくさんくる日本人の苦手分野をしっかりと理解している人が多いので、フィリピンは英語初心者が留学をするのに持ってこいです!


□”人生に1度くらい”留学してみたい

英語で”会話”できるようになりたい

英語圏に留学に行く前に”ウォーミングアップ”をしておきたい

□”マンツーマンや少人数制”の授業を受けたい

□”リゾートでリフレッシュ”しつつ英語も話せるようになりたい


これらの条件に当てはまる方はフィリピン留学を検討して損はありません!

留学を有意義なものにするためには渡航前にも勉強を

留学を有意義なものにするためには学校の選び方、留学中の授業時間外の過ごし方などだけでなく、日本で何をするかも非常に重要です。


もちろん英文法を全く勉強せずにフィリピンに留学をすることは可能ですが、文法や英単語は英語で学ぶよりも日本語で学んだ方が分かりやすいので日本で学んでから留学に行くのがベターです。


1億人の英文法」という教材では英文法はすっかり忘れてしまったという方にも分かりやすいよう英文法がイラスト付きで説明されているので英語初心者のあなたにもオススメです。


また当社では渡航前に留学予定者に向けて無料の英会話レッスンも実施しているので現地に行く前に英会話に慣れることも可能です。

中上級者は直接英語圏へ

上に述べたTOEIC700点という基準を満たしている方、英会話にある程度慣れている方、正直言ってあなたの英語力は十分高いのでフィリピンに留学しても得られるものは少ないと思われます。


というのも上で少し述べた通り、フィリピン人は基本的にゆっくりでスラングを使わないちょっぴり訛った英語を話します。


そのため、”英語圏のネイティブとスピーディな英会話が出来るようになりたい”、“スラングの語彙を増やしたい”と考えている方にはフィリピン留学は不向きとなってしまうのです。


中上級者の方は費用は上がってしまいますがアメリカ、カナダ、イギリスなどといった英語圏への留学を勧めます。当社はフィリピン以外の国の語学学校への留学プランも取り扱っているのであなたの予算やニーズに合わせた学校を見つけることが可能です。詳細が知りたい方は是非一度当社のLINEアカウントに相談してみてください!

英語はフィリピン中で使われている

英語初心者にフィリピン留学が向いているというのはわかったけれど、実際のフィリピン人の英語力が気になるという方のためにフィリピンで英語がどのように位置づけられているのか3つの視点から紹介します。

授業が英語で行われているため英語脳を持っている人が多い

小学校から英語の授業が?!

フィリピンの学校では小学3年生から国語(フィリピノ語)の授業を除き、ほぼ全ての教科が英語で教えられています。


そして東南アジアで小学校から英語で授業が行われている学校はシンガポールを除くとフィリピンだけです。


日本の場合は英語教育も変化しつつあるとはいえ、現状では小学校までに第一言語(L1)を習得してから中学校、高校の授業で英語を学びます。


そのため英語の発音やイントネーションを捉えたり、日本語と違う考え方の文法や用語を理解するのが難しくなってしまうのです。


つまり、日本人が英語を学ぶ際には日本語の知識や染み付いた発音(L1フィルターと呼ばれます)が妨げとなるのに対して、フィリピン人は母国語を完全に習得しきる前に英語をがっつり学び始めるので英語を母国語並みにスラスラと話せる方が多いのです。

フィリピンの英語の授業内容とは

ARCLEという英語教育の研究会のレポートによると、フィリピンの小学校では6年生の英語のクラスではCDで童話の内容を聞いたのち、先生が童話の内容に関連した質問を投げかけて結末を考える授業や、授業内で提示された話題に対するグループ討論ののちクラス全体への自分たちの意見の発表をする授業などが行われているそうです。


生徒たちは英語を使って物事を論理的かつ合理的に考えることを学んでいると言えます。


英語を学ぶのではなく英語で学ぶとはこの事かというような授業内容ですね。


これらのことからフィリピン人は日本人と比べて“英語脳”を持っている方が多く、かつ英語を使う機会も多いと言えます。


参考:『アジアの初等英語教育はどうなっているのか』第3回「フィリピンの初等英語教育視察 ―社会を変える教師の熱意―』

街は英語で溢れているので英語に慣れ親しんでいる

フィリピンでは店頭などにある看板や広告の多くが英語で書かれています。


日本の街中で見かける看板や広告を思い出してみてください。ほぼ全てのものが日本語で書かれていますよね。


当たり前と言えば当たり前ですが、これは広告等の製作者が日本で広告を出すのであれば日本語を使うのが一番有効的(見てくれる人が多い)と考えているからです。


同様の考え方をすると、フィリピン国内の看板、広告の多くに英語が使われているのはなぜだか分かるはずです。


そう。英語を用いるのが一番効率的である(見てくれる人が多い)からです。


こんなところからもまさに英語=共通語として考えられていることが分かりますね。


皆さんもフィリピン留学の際は是非街に出て英語で書かれている看板や広告を読解してみてください!

洋画は字幕なしで見られているのでリスニング力もバッチリ

字幕なしでも洋画を理解できるフィリピン人

実はフィリピンでは原作が英語の映画は字幕なしでそのまま放送されています。


フィリピン人にとって英語は母国語ではないため、スラングなどに関する知識は欠けている方が多いですが、それでも普段から英語を使っているフィリピンの国民は字幕なしの洋画をほぼバッチリ理解できるそうです。

洋画を字幕なしで理解するために必要な英語力とはいかほどか

日本でも洋画を見る人多いと思います。


日本人のあなた、洋楽や洋画を字幕なしで理解できますか?雰囲気は分かっても詳細は分からない方が多いのではないでしょうか?実際に洋画をほぼ完璧に理解するためには最低でもTOEICの点数が900点は必要です。


TOEICで900点なんて夢のまた夢という方もいらっしゃるのではないでしょうか?リーディングはさておき、リスニングに関してはそれがフィリピン人の一般的な英語力なのです。


字幕なしの洋画を理解できてしまうフィリピン人...うらやましい限りです。

フィリピン留学に行きたいあなたが注意すべきこと

これまでフィリピン人の英語力の高さを述べてきてフィリピン留学への関心が高まっているのではないでしょうか?そんなあなたが注意すべき点があります。


それは講師の質は学校によって異なるということです。


日本人が日本語を話せても日本語をうまく教えられないように、フィリピン人の英語力が高いからといって全てのフィリピン人が英語を教えられるという訳ではありません。


それにもかかわらず格安校では資格や発音など御構い無しに安く雇えるフィリピン人を雇っていたり、講師に向けたトレーニングを全くしていなかったりする可能性があります。


そんな劣悪な環境にわざわざ大金を払って留学したくないですよね。


ではどうしたらフィリピン留学を成功に導くことができるのか?


留学を成功させるために必須なのが上手な学校選びです。次は講師の質という観点に焦点を当てた学校選びのコツを教えます。


学校選びのコツ

設立から時間が経っている学校を選ぶ

設立から時間が経っている学校は長年の経営を通じて、授業に関するノウハウを持っていることが多いです。


下の図では少し分かりづらいですが、留学生の数を見てみると2014年度調査でフィリピンへの日本人留学生が4355人ほどたったのに対し、2018年の調査では6,755人にまで伸びています。


このようにたくさんの日本人を受け入れているフィリピンの学校には設立から年数が経っているほど日本人がどんなところでつまずいているのかを理解している学校が多く、講師のトレーニングに関しても日本人の教育に焦点を当てている学校が多数あります。


具体的には設立から10年以上経っている学校を選ぶのがオススメです。

参考:一般社団法人海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査
参考:一般社団法人海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査

点数保証制度のある学校、コースを選ぶ

点数保証制度とはTOEICやTOEFLなどのテストで決められた期間にスコアに到達することができなかった場合に、目標としていたスコアに到達するまでの授業にかかる費用を学校が負担するコースです。


このコースを設置している学校は英語のできない講師を雇っていては赤字続きとなってしまうこともあり講師の教育に力を入れている学校が多いです。

その他の学校の選び方

他にも生徒の国籍比率や立地など学校選びのポイントは様々です。フィリピン留学の学校選びについて気になる方はこちらの記事を見てみてください。→本気で英語を勉強したい人向け!フィリピン留学の学校選びの重要ポイント3選

最後に

いかがでしたか?あなたが思っていたよりもフィリピン人の英語力は高かったのではありませんか?

あなたが英語初心者であるのであればフィリピン人講師はあなたの英語力をグイッと伸ばすための助けになること間違いなしです!


当社では年齢や性別、性格、留学目的などによってあなたにピッタリの学校を紹介します。


この記事を読んでフィリピン留学に対する関心が強まったあなた、詳しく話を聞いてみたいと思っているあなた、是非一度StudyInのLINEアカウント相談してみてください!

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844