受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

ワーキングホリデー1年間にかかる費用はどれくらい?安く行けるワーホリ先ランキング

ワーキングホリデー1年間にかかる費用はいくらなのでしょうか。一般的には100万円は渡航前までに用意する必要があると言われていますが、今回は実際に準備するべき渡航前の費用をまとめました。

1. ワーキングホリデーとは

2. ワーキングホリデー1年間に必要な費用

3. ワーキングホリデーが出来る国と費用の安い国ランキング!

4. 国別!ワーホリに必要な費用!

5. まとめ

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは簡単に言うと長期休暇として異国に滞在する際にも補助的に収入を得られるようにと就労許可が降りたビザの制度です。


1年間ほどの外国での滞在費用を事前に用意するにはまとまった費用が事前に必要になってくるため、留学形態としては初期費用を抑えられる上に、海外で実務経験も積めるため、比較的安く、充実した留学ができるのが魅力です。

ワーキングホリデー1年間に必要な費用

ワーキングホリデー協定国でもっとも人気のあるオーストラリアでは100〜120万円の初期費用が必要だと言われています。ワーホリができる英語圏で最も安い金額でもあります。総額で200〜280万円です。(日本ワーキングホリデー協会HPより)


イギリスやアイルランドなどのヨーロッパでは物価の関係でこれより高額な費用が必要になってきます。

ワーキングホリデーが出来る国と費用の安い国ランキング!

現在日本とワーホリ協定を結んでいる国は英語圏だとイギリス、アイルランド、ニュージーランド、オーストラリア、カナダの5カ国です。


尚、アメリカとは現在ワーキングホリデーの協定を結んでいません。


費用が安い順で

👑1位 オーストラリア・アイルランド

👑2位 カナダ

👑3位 ニュージーランド


となります。

オーストラリアはアルバイトの時給水準が高く、アイルランドは家賃と生活費が安いという違う側面を持っています。ワーホリ先を選ぶときは細かな内訳を参考に決定しましょう。


関連記事:渡航前に100万円必要?知らなきゃ困るワーキングホリデー準備に不可欠な費用事情!

国別!ワーホリ1年間にかかる費用

1番人気で1番安い!オーストラリアのワーキングホリデー

オーストラリアのワーホリが人気な理由は初期費用が安い点にあります。


渡航前にそんなにまとまった費用を用意しなくても良いということですが、それはオーストラリアのアルバイト時給が高いからです。


せっかく仕事をするなら英語を使うだけではなく安定した収入が必要ですね。オーストラリアのワーホリは他の国と比べても効率が良いのが特徴です。

オーストラリアのワーホリ1年間にかかる費用

①航空券:10万

②保険料:20万

③学費:40万(3ヶ月)

④家賃:132万(11万/月×12ヶ月)

⑤現地お小遣い(生活費):72万(6万×12ヶ月)

−現地アルバイト代:200万(週5日勤務の場合)


合計:約70万円

最安値国!アイルランドのワーホリ

アイルランドはイギリスの隣に位置しながら物価はヨーロッパの中で比較的安く、実は穴場となっています。


家賃や生活費の出費が自然とかさんでしまうのがヨーロッパの特徴ですが、アイルランドは家賃が安いため、初期費用が比較的安くてすみます。

アイルランドのワーホリ1年間にかかる費用

①航空券:12万

②保険料:20万

③学費:40万(3ヶ月)

④家賃:84万(7万/月×12ヶ月)

⑤現地お小遣い(生活費):72万(6万×12ヶ月)

−現地アルバイト代:160万(週5日勤務の場合)


合計:約70万円

物価が比較的安い!カナダのワーホリ

オーストラリアとアイルランドに次いで比較的費用が抑えられるのがカナダです。


カナダはコネクションを重要視する文化があり優秀な人材が応募してきても多少コネのある人物を採用することは珍しくありません。


カナダで職を探すなら人脈づくりにも力を入れなければなりません。

カナダのワーホリ1年間の費用

①航空券:12万

②保険料:20万

③学費:40万(3ヶ月)

④家賃:120万(10万/月×12ヶ月)

⑤現地お小遣い(生活費):60万(6万×12ヶ月)

−現地アルバイト代:170万(週5日勤務の場合)


合計:約80万円

農業が人気!ニュージーランドのワーホリ

ニュージーランドのワーホリではファームステイなどの農業のワーホリも密かに人気が出てきています。家賃が高い分、学費と生活費は割安です。


ニュージーランドのワーホリビザは日本で申請すれば発給料無料です。

1万円前後必要になってくるのが他国では普通のため、ちょっとしたお得ポイントです。

ニュージーランドのワーホリ1年間に必要な費用

①航空券:10万

②保険料:20万

③学費:35万(3ヶ月)

④家賃:180万(15万/月×12ヶ月)

⑤現地お小遣い(生活費):60万(5万×12ヶ月)

−現地アルバイト代:170万(週5日勤務の場合)


合計:約135万円

ビジネスでも大活躍のイギリス英語を使う!イギリスのワーホリ

イギリスのワーキングホリデーはどこの国よりも費用がかかります。物価が高いのと2年間という期間が要因です。


ただジャパンレストランと言われるようないわゆる日本人ばかりの環境なら比較的仕事が見つかりやすいものの、英語を使う仕事は中々使ってもらえないのが現状です。積極的に飛び込みでCV(履歴書)を出しに行ったりしなければなりません。


更にイギリスのワーホリビザは抽選で1000名で倍率は10倍という狭き門です。この抽選は運に任せるしかないため、応募したからといって行けると思わない方が良いでしょう。

イギリスのワーホリ1年間にかかる費用

①航空券:12万

②保険料:20万

③学費:50万(3ヶ月)

④家賃:180万(15万/月×12ヶ月)

⑤現地お小遣い(生活費):84万(7万×12ヶ月)

−現地アルバイト代:180万(週5日勤務の場合)


合計:約170万円

まとめ

いかがでしたか?1年間のワーホリ経験は貴重な経験になります。十分な貯金をして、有意義なワーホリにしてくださいね。

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844