受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

ワーキングホリデーの闇を徹底解説!しっかり稼げる?女性ワーホリの実態も

観光・就学・就労が可能なことで人気の高いワーキングホリデーですが、実際には「闇がある」「ワーホリはやめた方がいい」というマイナスなイメージもあります。本当にワーホリに闇はあるのか、実態を徹底解説します。より危険が多い女性のワーホリについても詳しく説明しているので、ワーホリを検討している方やワーホリに興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

ワーキングホリデーとは

学校で語学を学びながらアルバイトができるワーキングホリデーは、自由度の高い留学ができることで人気を集めています。ワーホリは、「自国以外の文化を体験しながら休暇を楽しむことを目的」としているため、現地での生活費を補うために就労が許可されています。


人気のある留学プログラムではあるものの、すべての国でワーホリ留学できるわけではありません。ワーホリは、協定を結んだ国へしか渡航ができず、現在日本は29ヶ国の国々と協定を結んでいます。


さらに、渡航先が限られるだけでなく、国によって対象年齢や滞在可能期間・就学可能期間・就労可能期間が異なります。国選びの前にあらかじめチェックしておきましょう。

渡航できる国 対象年齢
(ビザ申請時)
滞在できる期間 就学できる期間 就労できる期間
オーストラリア 18~30歳 3年 4ヶ月 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ニュージーランド 18~30歳 1年3ヶ月 6ヶ月 上限なし
カナダ 18~30歳 1年 6ヶ月 上限なし
韓国 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
フランス 18~29歳 1年 上限なし 上限なし
ドイツ 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
イギリス 18~30歳 2年 上限なし 上限なし
アイルランド 18~30歳 3年 明記なし 1週間で最大39時間まで
デンマーク 18~30歳 1年 明記なし 6ヶ月
台湾 18~30歳 360日 明記なし 明記なし
香港 18~30歳 1年 6ヶ月以内 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ノルウェー 18~30歳 1年 3ヶ月未満 同一雇用主の下では6ヶ月未満
ポーランド 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
ポルトガル 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
スロバキア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
オーストリア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
ハンガリー 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
スペイン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
アルゼンチン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
チェコ 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
チリ 18~30歳 2年 明記なし 明記なし
アイスランド 18~26歳 1年 明記なし 明記なし
リトアニア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
スウェーデン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
エストニア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
オランダ 18~30歳 1年 明記なし 明記なしだが、年間で同一雇用主の下では働けない
ウルグアイ 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
フィンランド 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
ラトビア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし

上記の表に記載してある対象年齢は、ワーキングホリデービザ申請時の年齢です。ワーホリビザは、ひとつの国で1回のみ申請できます。違う国であれば、条件を満たしていると再度ビザを取得し渡航できます。

ワーホリに闇があると言われる理由

ワーホリについて情報を調べてると、「ワーホリはやめた方がいい」「闇がある」といったマイナスワードを目にすることがありますよね。実際のワーホリは本当に闇があるのでしょうか。「闇がある」と言われる理由を解説します。

クビにされたり低賃金で働かされたりする

ワーホリの一番の魅力とも言える「就労」ですが、実際には仕事に就くのが難しい現実があります。語学がまだ身に付いていない状態で求人を探すと、賃金の安い日本食レストランのキッチンや裏方などしか採用されない可能性が高いです。


日本食レストランの裏方は最低賃金の時給で設定されていることが多く、最悪の場合は最低賃金以下の時給で働かせているケースも少なくありません。語学力の低さと海外での仕事経験・知識がないことを利用され、不当に働かせられてしまうのです。


低賃金の時給と分かっていても、採用されるのに苦労していると「やっと見つけたアルバイトだから」と思い、なかなか辞められない人が多いです。


また、せっかくアルバイトで採用をもらっても、お店の売上が悪いと人員削減でアルバイトが急にクビされてしまうこともあります。


残念なことに、急にクビになってしまったり、最低賃金を支払わない企業や雇用主に雇われてしまったりする現状は各国に存在します。語学力がないことで不当な労働をさせられてしまい、目標や英語力向上を達成できずに帰国となってしまう可能性も少なくありません。

女性は治安によって危険にさらされるから

日本は、世界でも治安がいい国として知られています。そのため、日本で生活していると犯罪に巻き込まれる可能性も低く、あまり危機感を持って行動していない人が多いです。しかし、海外には日本ほど治安がいい国は少ないのが現実です。日本に住んでいる感覚で生活をしてしまうと、犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。


窃盗やスリは全員に注意が必要ですが、女性はさらに性犯罪にも注意しなければいけません。


日本人女性は、親切で丁寧な性格が特徴ではっきり断れない点もターゲットになりやすいです。警戒心が低いと思われているので、「日本人女性はNOと言わないからなにをしても許される」と認識されてしまっています。「海外へ行ったら必ず性犯罪に遭ってしまう」というまでのリスクではありませんが、危機感を持つことに損はありません。


また、性犯罪までの被害に遭わなくても、海外の男性からしつこく言い寄られたり付きまとわれたりするトラブルもあります。日本との治安の違いに危機感を持ち、はっきりと自分の意思を伝えて断ることを意識しながら生活することが大切です。

帰国後就職が難しくなる可能性があるから

海外での就労体験は、ワーホリ最大の魅力と言っても過言ではありません。海外で働いてみたいという目的でワーホリに興味を持つ人も多いですよね。しかし、場合によっては履歴書やキャリアの空白を作ってしまい、帰国後の就職や転職が難しくなる可能性があります。


平均で1年ほど海外へ滞在するワーホリですが、その間学生の人は学校を休学したり、社会人は仕事を休職・退職する必要があります。ワーホリに行ってただ遊んでしまっては、語学力を上げられずスキルを得たと言えるほどのアルバイト経験も残せません。


履歴書の空白をカバーできるほどの成果を残せないと、せっかくのワーホリが帰国後マイナスに働いてしまいます。

それでものワーホリは行くべき!メリットを紹介

ワーホリは闇と言われる部分はあるものの、「ワーホリはやめた方がいい」理由にはなりません。機会が作れるのであれば、ワーホリには行くべきです。上記のようなリスクをカバーしながら、ぜひワーホリでしかできない経験をしてください。

海外で収入を得ながら自由に生活・活動ができる

ワーホリは、観光・就学・就労が可能ですが、ビザの種類によっては学校に通えなかったりアルバイトが出来なかったりと、制限があることが多いです。ワーホリのように学校へ通いながらアルバイトができるビザは珍しく、とても貴重です。ボランティアを募集している国や地域もあり、絶対に日本で経験できないような生活が待っています。


国ごとに就学可能期間や就労可能期間に制限はあるものの、最長で1〜3年の間どれだけ学校に通うか・どれだけアルバイトをするかを留学目的に応じて計画を立てられます。語学を学ぶだけの長期留学であれば、滞在中の費用をすべて渡航前に用意しなければいけないので、費用面で負担が大きいです。


しかし、ワーホリでアルバイトをして収入を得られれば、長期滞在でも生活費を抑えつつ海外留学を満喫できます。

語学力を上げられればキャリアに繋がる

ワーホリの闇として履歴書に空白ができると述べましたが、これはワーホリでの結果次第で逆転します。ワーホリ帰国後に、海外で習得した語学を活かせるような職に就くことを目標にしている人にとってはワーホリでの経験が役立ちます。


ワーホリは最短で3ヶ月・一部の国では期間に上限なく語学学校に通うことができるので、十分に語学を学ぶ時間を確保できます。


現地語学学校に通って語学力を上げられるのはもちろん、アルバイト経験ができると接客やバイト仲間との会話で効率的に語学を学べます。さらに、実際に現地のネイティブならではのフレーズやニュアンスを身に付けられるので、帰国後により実践で使えるほど語学力を上げられます。

年齢制限以内であれば何ヵ国も留学できる

ワーホリは、年齢制限があるものの渡航する国の数に制限はありません。ワーホリビザを取得できるのは1ヵ国1回までですが、31歳の誕生日を迎える前日までであれば何度でもワーホリに挑戦できるのです。


例えば、カナダは英語とフランス語の2ヶ国語が学べる国として有名です。カナダのワーホリで学んだフランス語をより極めるために、次にフランスのワーホリに挑戦するのもひとつの方法です。


アルバイトができないビザは、複数回留学すると同時に費用も多額にかかるため難しいですが、ワーホリであれば現地で収入を得られるので、留学費用も補えるため現実的です。同じ国に2回ワーホリで留学することはできませんが、別の国であれば何度でもワーホリに挑戦できるのは大きなメリットです。

海外に人脈を作れる

海外留学をした際に語学学校への通学が生活の中心となってしまうと、知り合える人は語学学校の先生や同じクラスの友達がほとんどで、コミュニティが限られてしまいます。


一方アルバイトができるワーホリでは、学校では知り合えない現地の人達と知り合える機会ができます。


語学学校ではさまざまな国籍の人と知り合え、さらにアルバイトで現地の人と知り合えるので、学校だけで留学生活を送っているよりも交友関係が格段に広くなり海外に人脈が作れます。

ワーホリで後悔しないためのポイント

ワーホリの闇とメリットを解説しましたが、ワーホリを成功させられるかは事前準備と現地での行動次第です。後悔や失敗しないワーホリにするための、重要なポイントを紹介します。

現地の情報や知識をしっかりと集める

後悔しない・失敗しないワーホリにするには、事前の情報収集が必須です。しかし、ネットにはさまざまな情報で溢れており、どれが正しい情報なのか判断するのは難しいですよね。


そこで、正しい留学情報を得るには、留学エージェントの利用をおすすめします。StudyInでは、留学コンサルタントが毎年現地調査を行っているのが特徴で、あなたに合った学校の選定から、各国の治安や現状など提供する情報はどれも最新情報です。仕事探しについてもサポートしており、履歴書の書き方や給与のいい仕事の探し方もご案内しています。


ワーホリ先の最新情報やStudyInが提供しているサービスについては、無料でご参加いただけるオンラインワーホリ説明会でご紹介しています。ぜひお気軽にご参加ください。

ワーホリで成し遂げたい明確な目標を立てる

前述したように、ただ海外に行くことだけを目的としていると、学習面も就労面も中途半端になってしまい、帰国後に成果を感じられず「やめておけばよかった」と思ってしまう可能性があります。


ワーホリは約1年ほど現地に滞在する方が多いので、「とりあえず海外に行ってみたい」「海外で生活してみたい」といった目的で渡航してしまうと、なにも身に付かず時間と費用だけが消費され大変もったいないです。


一方で明確な目標を持ってワーホリに挑むことで、同時に渡航後の行動が明確になります。例えば「現地の人とそつなくコミュニケーションが取れるくらい語学力を上げる」「日本食レストランではない現地のお店でアルバイトをする」など、仕事や語学に関係する目標だけでなくどんな内容でも構いません。


具体的な目標を立てることが重要になり、現地でどんな行動すればいいのか明確化できます。現地で無駄のない行動ができれば、ワーホリの成功に繋がり、滞在中も充実感を感じられるでしょう。帰国後の「ワーホリはやめた方がいい」といった結果になることを防げます。

事前に語学を勉強する

現地に到着してから語学を身に付けようと思っていると、現地の言葉でコミュニケーションが取れるまでに時間がかかってしまいます。


語学の基礎を身に付けるには3ヶ月ほど必要と言われており、語学力ゼロの状態から現地で学習し始めようとすると、基礎が身に付くまではアルバイトをするのが難しくなります。語学力の上達が遅れたり語学が身に付かないまま帰国することになったりする可能性が生まれます。


しかし、あらかじめ日本で事前に勉強をして基礎を身に付けておくことで、現地に渡航してからのスタートラインが違います。渡航前にインプットした内容を、積極的にアウトプットすることで、より語学が身についていきます。


「ワーホリへ行っても語学が上達しなかった」「語学力が上がらないならやめておけばよかった」という失敗や後悔をしないよう、渡航までの事前勉強を行いましょう。

現地では日本人とばかり行動しない

ワーホリは、人気国に渡航すると日本人の友達も多くできる環境があります。日本語が通じない環境での生活はストレスが溜まりますし、悩みを共有できる日本人の友達がいると安心して毎日を過ごせるでしょう。


しかし、語学学校・アルバイト・休日の観光すべてで日本人の友達とばかり行動していると、せっかく語学が上達できる環境にいるにも関わらずその機会を逃してしまいます。完全に日本人のコミュニティを避ける必要はありませんが、日本語を使いすぎないよう日本人と関わる頻度を自分で調整していきましょう。


積極的に現地の人と関わるために必要なのが語学力です。事前に基礎を身に付けておくことで、現地での生活でさらなる語学力アップが期待できます。ある程度自分の語学力に自信が持てると、日本人以外の人とも積極的にコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

ワーホリの闇を解決するのは「StudyIn」

ワーホリ情報を調べていると、「ワーホリはやめた方がいい」といった失敗談を目にすることがありますよね。しかし、それはワーホリの準備次第で解決ができます。StudyInでは、失敗しないワーホリを実現するためにさまざまなサポートを手数料無料で提供しています。


ワーホリの闇と言われている部分は、ほとんどが語学力でカバーできる内容です。


女性が知っておくべき危険性や、仕事の実態について解説しましたが、実際の状況は国によって異なる部分があります。危機感を持って行くことに越したことはありませんが、思っていたより治安がいいと感じる国もあれば、危険な区域が存在する国もあります。


仕事探しについても同様で、時給のいい仕事はただ求人情報にアクセスするだけでは見つかりません。海外経験豊富な留学コンサルタントが集まるStudyInだからこそできるアドバイスや情報提供があります。


我々StudyInでは、海外経験豊富なコンサルタントが毎年現地視察を行っており、最新情報を熟知しています。常にアップデートされた情報をお伝えできるのが、「ワーホリ説明会」です。無料で開催しているオンライン説明会で、各国の特徴や治安を含めたワーホリ情報を詳しく解説し、無料オンライン英会話レッスンや保険手続きなど、StudyInが提供しているサポート内容もご案内しています。


留学エージェントを通して留学すると費用がかさむイメージのある方もいますよね。しかしStudyInでは、留学前から留学中はもちろん、留学後までサポートしており手数料が無料です。


ワーホリ費用は決して安くないので、できるだけ費用を抑えたいと思っている方も多いはず。できるだけ費用を抑えたいからこそ、留学エージェント・StudyInをご利用ください。サポート内容については、無料のオンラインワーホリ説明会で詳しくご案内しています。ぜひお気軽にご参加ください。

本気でワーホリに挑戦したい人はStudyInの無料相談へ

年齢制限のあるワーホリは、年齢制限のない留学方法よりもチャンスが限られています。貴重なワーホリを実のある留学できるのか、しっかり結果を残せるのか不安に思うことが多いですよね。そこでお役に立てるのが、留学エージェント・StudyInです。


StudyInのワーホリ説明会は、無料でご参加いただけるオンラインの説明会で、ワーホリ対象年齢の方であればどなたでもご参加いただけます。 カウンセリングも含めたマンツーマンなので、海外が初めての方や語学力ゼロで不安な方にも丁寧な説明ができる環境を整えています。  


ワーホリの基本情報はもちろん、費用や各国の特徴・治安説明だけでなく、質疑応答の時間を設けているのが特徴です。現実的なワーホリの総額費用や給与のいい仕事が見つかるのかなど、ご不安に思っていることに100%でお答えします。ワーホリにご興味のある方・本気でワーホリに挑戦したい方は、ぜひワーホリ説明会にご参加ください。


また、資料のみの請求も可能なので、かんたん資料申込ページよりお気軽に資料をご請求ください。資料をお読みいただき、さらにご興味を持っていただければワーホリ説明会へのご参加をお待ちしております。ご不明なことは、LINEの無料相談でもご相談いただけます。こちらから、お気軽にご連絡ください。

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
コンサルタントに直接相談
0120-100-844