受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

ワーキングホリデーの費用が安い国を紹介!稼げる国や人気ランキングも解説

ワーキングホリデーは29ヶ国もの国々から渡航先を選べますが、費用については物価の差もありさまざまです。費用を重視して国選びをしたい方や、「ワーホリには行きたいけどできるだけ費用を抑えたい」と思う方にとっては、29ヶ国のうち安く行ける国がどこか気になるはず。本記事では、ワーホリ費用を安く抑えられる国をご紹介します。人気国も併せて紹介しているので、国選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

ワーキングホリデーとは|対象国一覧

ワーキングホリデーとは、日本国籍を持っている18〜30歳までの人が利用できる留学制度です。渡航先によって年齢制限が異なりますが、対象国の大半が18〜30歳まで留学できます。


協定を結んだ国へ最長1〜3年間滞在でき、ワーキングホリデービザを取得すると観光・就学・就労が可能になり自由度が高い留学が実現できます。


ワーホリの始まりは1980年。日本とオーストラリア間で始まったワーキングホリデー協定は、今では以下29ヶ国もの国々と協定を結び年々増加傾向にあります。また、渡航先によって滞在できる期間・学校に通える期間・働ける期間が異なるのも、ワーホリで留学するために知っておかなければいけないポイントです。

渡航できる国 対象年齢
(ビザ申請時)
滞在できる期間 就学できる期間 就労できる期間
オーストラリア 18~30歳 3年 4ヶ月 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ニュージーランド 18~30歳 1年3ヶ月 6ヶ月 上限なし
カナダ 18~30歳 1年 6ヶ月 上限なし
韓国 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
フランス 18~29歳 1年 上限なし 上限なし
ドイツ 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
イギリス 18~30歳 2年 上限なし 上限なし
アイルランド 18~30歳 3年 明記なし 1週間で最大39時間まで
デンマーク 18~30歳 1年 明記なし 6ヶ月
台湾 18~30歳 360日 明記なし 明記なし
香港 18~30歳 1年 6ヶ月以内 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ノルウェー 18~30歳 1年 3ヶ月未満 同一雇用主の下では6ヶ月未満
ポーランド 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
ポルトガル 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
スロバキア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
オーストリア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
ハンガリー 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
スペイン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
アルゼンチン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
チェコ 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
チリ 18~30歳 2年 明記なし 明記なし
アイスランド 18~26歳 1年 明記なし 明記なし
リトアニア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
スウェーデン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
エストニア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
オランダ 18~30歳 1年 明記なし 明記なしだが、年間で同一雇用主の下では働けない
ウルグアイ 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
フィンランド 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
ラトビア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし

語学を学びたい場合、学生ビザでの留学も可能ですが滞在中に働けない場合がほとんどです。しかしワーキングホリデーを利用することで、語学を学びながら働けるため現地の人と関わる機会が増え、現地の語学を身に付けるためにより良い環境での留学になると言えます。

ワーホリの費用目安は約100万円

ワーホリは現地でアルバイトをして収入を得られる魅力がありますが、渡航後すぐにお給料がもらえるわけではありません。現地での生活費は補えるものの、渡航前に必要な費用や渡航直後の生活費はあらかじめ用意しておく必要があります。


渡航前には、航空券やワーホリビザの申請料・海外留学保険料・語学学校の費用の準備が必要です。渡航直後の生活費は3ヶ月分ほど準備しておくと余裕をもって仕事探しができるでしょう。


ワーホリで行ける国はさまざまなので、国によってかかる費用には差がありますが、渡航前に準備しておく金額の目安は約100万円です。1年の滞在にかかる費用を例に、平均的な約100万円内訳を解説します。

航空券(往復) 約15万円
ビザ申請料 約2.5~4万円
海外留学保険料 約20万円
学費(3ヶ月間通った場合) 約40万円
生活費(最初の3ヶ月分のみ) 約30万円
合計 約107.5~109万円

語学力に不安があり長めに語学学校へ通いたい方や、最初の数ヶ月はホームステイに滞在したい方などは、上記よりも費用がかかってきます。さらに余裕をもって費用を準備しておきましょう。

ワーホリの費用が安い国を紹介

29ヶ国もの国々に渡航できるワーホリですが、物価の違いがあり国によって費用に差が生まれます。ワーホリ費用を抑えたい方は、比較的物価が安い国を選ぶのがポイントです。現地での生活費はもちろん、語学学校の費用も比較的安値です。さらに日本との距離が近いと航空券が安く済むことも把握しておきましょう。ここでは、29ヶ国を比較してワーホリ費用が安い国を紹介します。

物価だけでなく滞在費が安いのが特徴「台湾」

台湾の物価は日本の3分の2ほどなので、学費や現地での生活費が抑えられます。ビザの申請料が無料なので、数万円かかる国と比べると渡航前の諸費用も安く済みます。


さらに台湾の特徴とも言えるのが家賃の安さ。シェアハウスが多く、安い家賃のアパートが見つかりやすいです。シェハウスであれば月3.5万円ほどで借りられる家があり、1年滞在したら約42万円ほどとなります。


また、「国際学生宿舎」と呼ばれる留学生用の学生寮も借りられます。学生宿舎は安いと月2~3万円弱で滞在でき、さらに留学費用を押されれるでしょう。


ワーホリで台湾に1年間滞在した場合の費用目安は以下となります。

航空券(往復) 約3万円
ビザ申請料 無料
海外留学保険料 約17万円
学費(12週間) 約15万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約42万円
生活費 約54万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲86万円
合計 約45万円

食費が安く抑えられる「ハンガリー」

物価が高いイメージのあるヨーロッパですが、ハンガリーは比較的物価が安く、ワーホリ費用が抑えられます。EUに加盟しているものの、通貨はユーロではなく「フォリント」が使われています。2024年7月3日現在のレートは、1フォリント=約0.44円です。


ハンガリーはとくに食費が安く抑えられ、主食となるパンは1個30フォリント=13円ほどと破格です。外食では2,000フォリント(約880円)程度あれば充分です、その安さに驚きますよね。さらにハンガリーの食事は日本人の口に合うと言われており、日本食が売っているお店もあります。長期滞在で食に困らない環境は、ストレスなく過ごせるいい環境と言えます。


しかし、ハンガリーは時給が低いデメリットがあります。1ヶ月の最低賃金は約7万円ほどなので、生活費が抑えれる分収入も低くなる点を頭に入れておきましょう。


ワーホリでハンガリーに1年間滞在した場合の費用目安は以下となります。

航空券(往復) 約11万円
ビザ申請料 約1万円
海外留学保険料 約17万円
学費(12週間) 約12万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約42万円
生活費 約36万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約65万円
合計 約54万円

渡航前の諸費用を抑えるなら「韓国」

近年日本からの旅行先として人気を集めている韓国は、ワーホリ費用が安く抑えられる国としても知られています。日本からの距離が近いため航空券が安くなり、ビザの申請料も無料なので、渡航前にかかる費用が格段に抑えられます。


韓国と聞くと物価が安い印象を受ける方が多いと思いますが、ここ数年はやや物価が上昇傾向にあります。そのため生活費はあまり安く抑えられないものの、滞在費は約3~6万円と、滞在先によってはとても安く済みます。


物価が上がってきているものの、アルバイトの最低賃金も年々上昇傾向です。台湾やハンガリーよりも収入を多く得られることが予想できるので、トータル費用は安く抑えられます。


ワーホリで韓国に1年間滞在した場合の費用目安は以下となります。 

航空券(往復) 約4万円
ビザ申請料 無料
海外留学保険料 約17万円
学費(12週間) 約15万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約60万円
生活費 約60万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約115万円
合計 約41万円

ワーホリ渡航国の人気ランキングとその費用

ワーホリ費用が安く抑えられる国を紹介しましたが、人気国ラインキングとはやや異なります。費用が安いと紹介した3ヶ国よりも増額しますが、ワーホリ先として人気のある国を紹介します。

【第1位】治安がよく安心して暮らせる「カナダ」

世界でも治安がいい国として有名な日本ですが、カナダも同様に治安のよさが世界に知られています。海外の慣れない地で生活することに、大きな不安がある方もいますよね。治安のいいカナダであれば不安要素が減り、気持ち的にも安心して生活できることでしょう。


カナダのワーホリには、就労可能期間に制限がなく長期間のアルバイトが可能です。留学生のアルバイト先としては、主に飲食店やホテルなどの接客業が中心ですが、英語力を上げられれば選択肢もさらに広がります。学校には最長6ヶ月通えるので、渡航時の英語力に不安のある方も十分に語学学校で学べる時間を確保できるはずです。


アメリカに近いことで、カナダで学べるのは発音が「アメリカ英語」寄りです。アメリカ英語はなまりの少ない綺麗な英語として知られており、日本の学校で学ぶ英語なので日本人の耳にも馴染のある環境で英語を学べます。


ワーホリでカナダに1年間滞在した場合の費用目安は以下となります。  

航空券(往復) 約12万円
ビザ申請料 約2.2万円
海外留学保険料 約17万円
学費(12週間) 約35万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約72万円
生活費 約72万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約150万円
合計 約60.2万円

【第2位】時給が高く稼げる国「オーストラリア」

オーストラリアは、アルバイトの時給が高く「稼げる国」として人気の高い渡航先です。2024年現在、最低賃金はアルバイト・フルタイムともに時給23.23AUD(約2,510円)です。物価も高いため現地での生活費が多くかかりがちですが、留学生や外国人向けの求人が多いので仕事を見つかりやすい環境が揃っています。


時給の高いオーストラリアですが、同一雇用主の下では最長6ヶ月までしか働けないという条件があります。長期滞在であれば、滞在中に何度か仕事を変えなければいけないのはデメリットでもあります。


指定地域で決められた職に一定期間就くと、セカンドワーホリやサードワーホリが取得でき2〜3年の滞在も可能です。


※2024年7月3日現在のレート、1AUD=108.09円で換算 

航空券(往復) 約7万円
ビザ申請料 約3.5万円
海外留学保険料 約17万円
学費(17週間) 約43万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約60万円
生活費 約72万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約129万円
合計 約73.5万円

【第3位】ニュージーランド

自然あふれるニュージーランドは、「人よりも羊の数が多い」と言われるほど自然が豊かで、のんびりとしたワーホリライフを過ごしたい方に人気のある国です。


都市部が小さく、カナダやオーストラリアなどと比べるとあまり求人が多くない傾向があります。しかしニュージーランドでも飲食店・農業・ホテル・ツアー会社などでアルバイトが可能できるので、しっかりと英語力を伸ばせる環境です。やや物価が高いものの、最低賃金は時給22.7NZドル(約2,230円)。オーストラリアのように時給が高く、現地でしっかりと収入を得られます。


※2024年7月3日現在のレート、1NZドル=98.41円で換算

航空券(往復) 約7万円
ビザ申請料 無料
海外留学保険料 約23万円
学費(17週間) 約43万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約72万円
生活費 約72万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約129万円
合計 約88万円

本気でワーホリに挑戦したい人はStudyInの無料相談へ

本記事では一般的な費用として紹介しましたが、実際には渡航する都市や通う学校・滞在先などによって費用は変動します。本気でワーキングホリデーを検討している方は、留学エージェント・StudyInがサポートいたします。


StudyInでは、無料のオンラインワーホリ説明会を毎日(11:00〜21:00の間)開催しています。説明会はカウンセリングも含めたマンツーマンなので、海外が初めての方や語学力ゼロで不安な方にも丁寧な説明ができる環境を整えています。 


ワーホリの説明だけでなく、質疑応答の時間を設けているので、現実的なワーホリ費用や仕事の探し方など、ご不安に思っていることに100%でお答えします。ワーホリにご興味のある方・本気でワーホリに挑戦したい方は、ぜひワーホリ説明会にご参加ください。


また、資料のみの請求も可能なので、かんたん資料申込ページよりお気軽に資料をご請求ください。資料をお読みいただき、さらにご興味を持っていただければワーホリ説明会へのご参加をお待ちしております。ご不明なことは、LINEの無料相談でもご相談いただけますこちらから、お気軽にご連絡ください。

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
コンサルタントに直接相談
0120-100-844