受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

ワーキングホリデーにおすすめの国はどこ?最新の対象国一覧も紹介

2024年現在、ワーキングホリデー対象国は29ヶ国あり、幅広い選択肢の中から渡航先を選べます。29ヶ国あるなかでも、ワーホリ先として人気の国5選を紹介します。また2024年最新の対象国一覧や、渡航先選びのポイントも紹介します。これからワーホリの計画を立ている方や、ワーホリに興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

ワーキングホリデーの対象国一覧

観光・就学・就労が可能なワーキングホリデーは、対象年齢や渡航可能期間など制限はあるものの、自由度の高い留学が実現できることで人気を集めています。渡航先によって条件が異なりますが、大半の国へは18~30歳までワーホリで留学できます。対象年齢はワーホリビザ申請時の年齢なので、渡航時の年齢ではありません。


また滞在期間は最長1~3年となっており、語学学校へ通える期間やアルバイトができる期間・条件も国ごとに設けられています。


海外でさまざまな経験ができるワーホリですが、すべての国へ留学できるわけではありません。日本と協定を結んでいる国のみが対象で、現在29ヶ国の国々へ渡航できます。


29ヶ国の対象国一覧は以下となります。

渡航できる国 対象年齢
(ビザ申請時)
滞在できる期間 就学できる期間 就労できる期間
オーストラリア 18~30歳 3年 4ヶ月 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ニュージーランド 18~30歳 1年3ヶ月 6ヶ月 上限なし
カナダ 18~30歳 1年 6ヶ月 上限なし
韓国 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
フランス 18~29歳 1年 上限なし 上限なし
ドイツ 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
イギリス 18~30歳 2年 上限なし 上限なし
アイルランド 18~30歳 3年 明記なし 1週間で最大39時間まで
デンマーク 18~30歳 1年 明記なし 6ヶ月
台湾 18~30歳 360日 明記なし 明記なし
香港 18~30歳 1年 6ヶ月以内 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ノルウェー 18~30歳 1年 3ヶ月未満 同一雇用主の下では6ヶ月未満
ポーランド 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
ポルトガル 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
スロバキア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
オーストリア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
ハンガリー 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
スペイン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
アルゼンチン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
チェコ 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
チリ 18~30歳 2年 明記なし 明記なし
アイスランド 18~26歳 1年 明記なし 明記なし
リトアニア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
スウェーデン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
エストニア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
オランダ 18~30歳 1年 明記なし 明記なしだが、年間で同一雇用主の下では働けない
ウルグアイ 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
フィンランド 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
ラトビア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし

語学を学びたい場合、学生ビザでの留学も可能ですが滞在中に働けない場合がほとんどです。しかしワーキングホリデーを利用することで、語学を学びながら働けるため現地の人と関わる機会が増え、現地の語学を身に付けるためにより良い環境での留学になると言えます。

ワーホリにおすすめの国5選

カナダ

語学留学や大学留学で人気のカナダは、ワーホリ先としても人気の高い国です。人気の理由は治安のよさや、多国籍文化であるために留学生を受け入れてくれる国民性にあります。


カナダで学べる英語はなまりが少なくきれいな英語として知られているので、帰国後に仕事で活かせるような英語を身に付けたい方にはうってつけの環境です。そんなカナダの英語は、日本人が学校で学ぶ「アメリカ英語」寄りです。そのため聞き馴染みのある発音やアクセントなどで、より耳に入ってきやすい英語と言えます。


また自然に溢れるカナダは、学校やアルバイトが休みの日にさまざまなアクティビティを楽しめます。アメリカとの距離も近いため、アメリカ旅行も可能です。勉強も観光も充実したワーホリ生活が送れることでしょう。


ワーホリでカナダに1年間滞在した場合の費用目安は以下となります。  


カナダワーホリの詳細

対象年齢 18~30歳
滞在可能期間 1年
就学可能期間 6ヶ月
就労可能期間 上限なし
ビザ発給数 6,500

カナダワーホリの費用

航空券(往復) 約12万円
ビザ申請料 約2.2万円
海外留学保険料 約17万円
学費(12週間) 約35万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約72万円
生活費 約72万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約150万円
合計 約60.2万円

オーストラリア

オーストラリアは、カナダ同様にワーホリだけでなく語学留学や短期留学でも人気のある国です。そのため、地域によっては日本人が集まりやすく、日本人とばかりコミュニケーションを取らないよう気を付ける必要があります。


オーストラリアが人気の理由に、アルバイトの時給が高いことがあげられます。2024年現在、最低賃金はアルバイト・フルタイムともに時給23.23AUD(約2,510円)です。物価が高い国ではありますが、留学生や外国人向けの求人も多く、現地ではしっかりと収入を得られるでしょう。


しかし、就労可能期間に条件があり、同一雇用主の下では最長6ヶ月までしか働けません。長期滞在であれば、滞在中に仕事を変えなければいけない可能性があるので注意が必要です。


また最長3年滞在が可能ではあるものの、1年ごとのビザ更新には条件があります。オーストラリアで1年以上滞在したい場合は、指定地域で決められた職に一定期間就くと、セカンドワーホリやサードワーホリを取得しなければいけません。


※2024年7月3日現在のレート、1AUD=108.09円で換算 


オーストラリアワーホリの詳細

対象年齢 18~30歳
滞在可能期間 3年
就学可能期間 4ヶ月
就労可能期間 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ビザ発給数 上限なし

オーストラリアワーホリの費用

航空券(往復) 約7万円
ビザ申請料 約3.5万円
海外留学保険料 約17万円
学費(17週間) 約43万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約60万円
生活費 約72万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約129万円
合計 約73.5万円

イギリス

イギリスは、ヨーロッパ圏のワーホリ先として人気を集めている国です。英語発祥の地として有名で、教育水準は世界でもトップクラス。1年ごとのビザの延長申請や、一定期間決められた職に就くことなく最長2年間滞在できるので、長期滞在へのハードルが低いです。


イギリスのワーホリには、「YMS(Youth Mobility Scheme)ビザ」が必要となり、イギリスのワーホリビザの正式名称です。YMSビザは、一定期間イギリスで自由に就労することを目的としているため、アルバイトに関する制限がほとんどありません。


イギリスからは周辺の国々へもアクセスがいいので、休日はいろいろな国へ旅行ができ、ヨーロッパの文化や歴史を肌で感じられるワーホリになるでしょう。


イギリスワーホリの詳細

対象年齢 18~30歳
滞在可能期間 2年
就学可能期間 上限なし
就労可能期間 上限なし
ビザ発給数 6,000

イギリスワーホリの費用

航空券(往復) 約12万円
ビザ申請料 約3.5万円
海外留学保険料 約17万円
学費(12週間) 約35万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約72万円
生活費 約72万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約150万円
合計 約61.5万円

ニュージーランド

ニュージーランドは、自然が多く人口密度の低い国です。日本人留学生が多く集まるカナダやオーストラリアと比べるとのんびりとしたワーホリ生活が送れます。ニュージーランドの自然豊かさは「人よりも羊の数が多い」と言われるほどで、年中温暖な気候が特徴です。


都市部は小さいものの、首都のオークランドには語学学校の数も多く、レストランやカフェなどのアルバイト先もあります。飲食店の他には、ホテルやツアー会社・農業などのアルバイト求人も多くあります。


やや物価が高いものの、最低賃金は時給22.7NZドル(約2,230円)。オーストラリアのように時給が高く、現地でしっかりと収入を得られます。


※2024年7月3日現在のレート、1NZドル=98.41円で換算


ニュージーランドワーホリの詳細

対象年齢 18~30歳
滞在可能期間 1年3ヶ月
就学可能期間 6ヶ月
就労可能期間 上限なし
ビザ発給数 上限なし

ニュージーランドワーホリの費用

航空券(往復) 約7万円
ビザ申請料 無料
海外留学保険料 約23万円
学費(17週間) 約43万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約72万円
生活費 約72万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約129万円
合計 約88万円

アイルランド

ヨーロッパ圏でイギリスの次に人気のある国が、アイルランドです。アイルランドの公用語は「ゲール語」ですが、日常的に英語が使えれているので、十分に語学を勉強できる環境が揃っています。


ワーホリ先として知名度を上げてきていますが、日本人留学生はまだまだ少ないです。日本人の少ない環境でしっかりと英語を勉強できるので、日本語から離れて語学を学びたい方にぴったりの渡航先です。


2018年には定員が400名とかなり少なかったアイルランドですが、2020年には800名まで増枠し人気の急上昇を示しています。


アイルランドワーホリの詳細

対象年齢 18~30歳
滞在可能期間 3年
就学可能期間 明記なし
就労可能期間 1週間で最大39時間まで
ビザ発給数 800

アイルランドワーホリの費用

航空券(往復) 約12万円
ビザ申請料 約1.5万円
海外留学保険料 約17万円
学費(12週間) 約43万円
滞在費(シェアハウス・1年間) 約60万円
生活費 約72万円
アルバイト収入(フルタイム・9ヶ月間) ▲約129万円
合計 約76.5万円

ワーホリ渡航先の選び方

ワーホリにおすすめの国を紹介しましたが、選択肢は29ヶ国あるのでどの国が自分に合っているか悩んでしまいますよね。ワーホリを成功させるためにも重要な国選び。自分に最適な国の選び方を紹介します。

ワーホリに行く目標を決める

自分に最適なワーホリ先を決めるには、まず「ワーホリで成し遂げたい目標」が必要です。ワーホリについて調べていると「やめたほうがいい」「失敗した」などとマイナスなワードを目にしますよね。それらは、なんとなくワーホリに行ってしまい、あまり語学力をあげられず目標も達成できなかった人がいるからです。


「とりあえず海外に行ってみたい」「海外で生活してみたい」という曖昧な目的では、行き先も定まらず、現地でなにをして過ごせばいいかも明確になりません。


そのため、ワーホリを成功させる国選びをするために、まずは「ワーホリに行く目標を決める」を決めましょう。なぜワーホリに行きたいのか、ワーホリでどんなことを達成したいのか、と考えると具体的な目標を立てられます。


例えば「現地の人とそつなくコミュニケーションが取れるくらい語学力を上げる」という目標であれば、教育水準の高いイギリスやカナダが候補にあがりますし、「日本食レストランではない現地のお店でアルバイトをする」という目標であれば、留学生向けの求人が多いオーストラリアが候補にあがります。 


目標に沿って計画を立てていくと、自然とどの国へ行くべきか浮かび上がってきます。

ワーホリビザの取得条件や難易度をチェック

行き先の候補を上げたら、次はワーホリビザの取得条件や難易度をチェックしましょう。ビザ申請時の年齢が対象年齢であっても、他にも条件を満たしていなければビザを申請できません。また、国によってワーホリビザを取得するのにハードルが高い国があります。国選びのためにそれぞれの情報収集をしておきましょう。


ワーホリビザを取得できる条件

ワーホリビザを申請するには、年齢制限以外にいくつかもの条件があります。すべての国で共通している主な条件は以下となります。


  • 年齢制限を満たしている人
  • 日本国籍を持った人
  • その国のワーキングホリデービザ発給が初めての人
  • 子どもを同伴させない人
  • 有効な往復旅券または旅券を購入できる資金を持っている人
  • 滞在当初、生計を立てるために必要な資金を持っている人
  • 健康な人


細かい条件は国によって違いがあるので、候補にあげた国の条件を満たせているか確認してください。また、ワーホリ自体は18~30歳までであれば対象ですが、1つの国で利用できるのは1回までという上限もあります。同じ国にか2回とワーホリに行けないので、さまざまな条件をチェックして国選びをしましょう。


ワーホリビザを取得する難易度

ワーホリビザとひとくくりに言っても、国によってビザを取得する難易度に差があります。ビザが取得が難しい国は、ビザ発給数が少なったり先着順ではなく抽選で決まったりする国があげられます。


おすすめ国のひとつであるアイルランドは、ビザ発給枚数が800名と少なく、さらに年に2回の抽選式で決まります。抽選は例年1月と7月に行われますが、もし2月にアイルランドへワーホリに行きたいと思っても、7月の抽選まで待たなければいけまんせん。もし抽選に落ちてしまった場合は、ワーホリ計画が振り出しに戻ってしまいます。


国によってワーホリビザの発給条件や発給状況が異なるので、すべてに国でスムーズにビザが取得できるわけではありません。「とにかく早くワーホリに行きたい」「ワーホリに行ける時期が限られている」という方は、ビザを取得しやすい国を選ぶことをおすすめします。

国の特徴を調べる

候補国が定めるワーホリビザを取得する条件を満たしていたら、その国で自分が安心して生活できるか、国の特徴を調べましょう。


治安

日本は治安がいい国として世界的に知られているので、生活をしていて事件に巻き込まれる危険性をあまり感じていない方が多いですよね。しかし海外には日本ほど治安のいい国はあまりありません。


 世界平和度指数(Global Peace Index) では、治安・国内外の紛争・軍事情勢を元にスコアを出し、世界の平和度をランキングに表しています。2023年のランキングでは、日本は9位。ワーホリにおすすめの国として紹介したアイルランドは3位、ニュージーランドは4位、オーストリアは5位、カナダは11位、イギリスは37位でした。


長期滞在になるワーホリで安心して過ごせるよう、その国の治安を把握し国選びの基準にしてください。


物価

円安が進んでいる近年、各国の物価は留学費用に直接影響するため、重要なポイントでもあります。現地でアルバイトをして収入を得られるワーホリですが、物価が高いにも関わらず賃金が低い国を選んでしまうと、アルバイト漬けでワーホリ生活が厳しくなることが予想できます。


物価が高くても、賃金がしっかりもらえれば問題なく生活できますし、一方で物価が安い国はより初期費用が抑えられるメリットがありますが、結果生活が厳しくなる可能性があります。


物価と賃金を比べ、無理なく生活できるレベルを見極めて渡航先を選びましょう。


生活環境

治安や物価以外にも、気候・インフラの環境・日本との時差など、さまざまな生活環境についても情報収集しましょう。国や地域によっては寒さが厳しいところ、暑さが厳しいところがありますし、日本のようにトイレットペーパーを水で流せない国もあります。日本ほど清潔感がない国も多くあり、自分が長期間滞在できる環境であるかもポイントです。


滞在する国の環境が体に合わないと、体調を崩しがちになる可能性もあります。せっかくのワーホリが台無しになってしまうので、候補にあげた国で約1年ほど生活することを考えて国選びをしてください。

本気でワーホリに挑戦したい人はStudyInの無料相談へ

本記事では総合的におすすめな国を紹介しましたが、「自分の目標を達成できる国」を選ぶことが一番です。しかし、29ヶ国も対象国があると、どの国が自分に合っているか悩んでしまいますよね。そこで、本気でワーキングホリデーを検討している方は、留学エージェント・StudyInにご相談ください。


StudyInでは、無料のオンラインワーホリ説明会を毎日(11:00〜21:00の間)開催しています。説明会はマンツーマンなので、海外が初めての方や語学力ゼロで不安な方にも丁寧な説明ができる環境を整えています。


StudyInの留学コンサルタントは、ワーホリだけでなく海外インターン経験者もいます。海外経験豊富なコンサルタントがカウンセリングも行うので、あなたにピッタリのワーホリ先をご提案いたします。


ワーホリの説明だけでなく、質疑応答の時間を設けているので、現実的なワーホリ費用や仕事の探し方など、ご不安に思っていることに100%でお答えします。ワーホリにご興味のある方・本気でワーホリに挑戦したい方は、ぜひワーホリ説明会にご参加ください。


また、資料のみの請求も可能なので、かんたん資料申込ページよりお気軽に資料をご請求ください。資料をお読みいただき、さらにご興味を持っていただければワーホリ説明会へのご参加をお待ちしております。ご不明なことは、LINEの無料相談でもご相談いただけます。こちらから、お気軽にご連絡ください。

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
コンサルタントに直接相談
0120-100-844