受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

留学前に知っておきたい、フィリピンの洗濯事情

留学前に、気になることのひとつとして「洗濯はどのようにしているのか?」という質問をよくいただきます。そこで今回は、フィリピンの洗濯事情について解説します。

目次

  • 宿泊先の洗濯機を使用する
  • クリーニング店を使用する
  • 自分で手洗いをする
  • さいごに

宿泊先の洗濯機を使用する

ご自身の宿泊先にある、備え付けの洗濯機や、語学学校が提供する寮であれば、無料で週何回かスタッフの方が洗濯をしてくれます。1kgで費用がかかる場所もあります。

ご自身の宿泊先の洗濯情報について事前に確認することをオススメします。


3D Academyのケース

■内部寮、新ビル寮、ビル寮

語学学校のスタッフが対応

  • 頻度:週2回(学校指定の曜日)
  • 対応:語学学校のスタッフ
  • 料金:無料
  • 引き渡し:指定場所にて洗濯物を渡す
  • 受け取り:指定場所にて洗濯物を受け取る
  • 引き取り期間:2〜3日間

■Thaiホテル

ホテルのクリーニングサービス

  • 期間:洗濯・・・週2回
  • 対応:ホテルスタッフ
  • 料金:無料
  • 引き渡し:指定場所にて洗濯物を渡す
  • 受け取り:指定場所にて洗濯物を受け取る
  • 引き取り期間:2〜3日間

■Prestigioホテル

語学学校のスタッフが対応

  • 期間:語学学校のスタッフ
  • 対応:語学学校のスタッフ
  • 料金:無料
  • 引き渡し:指定場所にて洗濯物を渡す
  • 受け取り:指定場所にて洗濯物を受け取る
  • 引き取り期間:2〜3日間


クリーニング店を使用する

フィリピンには、日本のクリーニング屋さんに似た、お金を払うと洗濯から乾燥、畳んで梱包までをやってくれるサービスがあります。フィリピンでは、洗濯機は高級品でなかなか購入できないため、現地の人たちは洗濯屋さんを利用しています。使い方は、洗濯物を持っていき、メニューを選択して、お金を払います。靴下など小さい洗濯物の場合は、返ってこないケースも稀にありますので洗濯物を出す前に確認が必要です。価格も安く、メニューによっては即日で洗濯物が受け取り可能なので、忙しい方にはとても便利です。


wash n dry

Wash’n dryというチェーン展開している洗濯屋さんで。たくさんメニューがありますが、基本的には「レギュラー」と「ラッシュ」の2種類を覚えておけば問題ないです。

■レギュラー

  • 金額:1kg/29ペソ(60円)
  • 引き渡し場所:Wash’n dry
  • 受け取り場所:Wash’n dry
  • 受け取り期間:2~3日間

■ラッシュ(※即日に受け取り可能)

  • 金額:1kg/58ペソ(120円)
  • 引き渡し場所:Wash’n dry
  • 受け取り場所:Wash’n dry
  • 受け取り期間:2~3日間

※(2018/10/14のレート:1ペソ=2.08 円)

自分で手洗いをする

洗剤を自費で購入し、自分で手洗いをしてベランダなどに干します。勉強で忙しくなった時、洗濯物が溜まる可能性がありますが、好きなタイミングで洗い物ができてお金がかからないのが良いです。

さいごに

お気に入りの服は手洗い(稀に紛失するため)他は洗濯屋さんを利用する人や、服にこだわりのある方、女性の方は「自分で洗っている」とお話も聞きます。ご自身の用途に合わせて使い分けるのがおすすめです。

この記事を書いた人

この記事を書いた人

光岡奈帆子 Mitsuoka Naoko

国際基督教大学卒業。幼少期から計10年をアメリカで過ごす。現在は動画メディア事業部兼留学コンサルタントを担当。SNSアカウントは240万フォロワーを突破。YouTubeの週間再生回数は日本一を記録。

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844