受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は電話相談まで
03-6455-3910
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

英語力ゼロでもワーホリ後の就職を成功させる秘訣

英語力が全くないけれどワーホリ後の就職でキャリアアップしたい!と考えている方には、出発前、3ヶ月のセブ島短期留学で語学力をつけてからワーホリへ出発することをおすすめします。
この記事では出発前に事前に英語を学んでからワーホリへ行くことの効果をまとめました。

ワーキングホリデー後の就職 


実際、ワーキングホリデー後の就職は必ずしもうまくいくとは限りません。


ワーホリへ行くために前職を辞めたものの帰国後の就職活動がうまくいかなかった、という方も一定数いるのです。それは、帰国後に現職とは別の就職先を探す際、海外経験者が過去最高の推移で増加しつつある現在では、企業にとって単なるワーホリという「海外経験」自体はメリットにならないからです。


ワーホリ経験を生かした有利な就職活動を進めるためには、ただの海外生活経験ではなく、「現地で何をしたか」がポイントになり、そのための語学力が最も重要になります。

海外経験はもはや当たり前


かつては海外経験がある人材は企業で優遇される傾向がありましたが、現在では、海外経験自体はそこまで珍しいものではくなってきています。


日本学生支援機構の調査によると、2017年度における日本人学生の海外留学者数は過去最高の10万5,301人になり、2009年度と比べると3倍近く増加しているのです。また、ファーストリテイリングや楽天などの大手企業では社内の公用語を英語としており、「海外生活や留学」はあくまで語学取得の手段であり、メリットにはならないのです。

語学力がないままワーホリへ行くと?


英語は現地に行けば自然と学ぶ事ができると考えている人は少なくないと思います。

しかし、そもそも英語力が無ければ現地の企業に採用されることは難しく、日本食レストランや日本人が経営しているお店などで働くことになるケースが多くあります。

日本人が多い環境で働くことによって、日常的に英語を使う機会が減り、結果としてワーホリ後の就職活動で「現地で何をしたか」をアピールすることができず、せっかくのワーホリ経験をうまく生かすことができないのです。


・・・ちなみに、オーストラリアで英語を必要としないアルバイトの時給は平均$10-$12程度です。しかし、英語を必要とする現地の会社での時給は平均$15-$18となり、1カ月150時間働いたとすると1年間で100万円の差がでます。

ワーキングホリデーの失敗例

1.  アルバイト先が日本食レストランや日本人経営ファームになり職種が限られる

・・・・ワーホリで海外に来たものの英語が話せないため、日本人が多い職場で働いてしまい日本でいる時と何ら変わらない環境に気付き、多少のあせりが出る人も少なくありません。


日本人向けの職場ではキャリアと認められないこともあるため、日本の就職活動でワーホリ経験をアピールできない

※ローカルの仕事に就くためには、語学学校のレベルで中上級レベル以上、TOEICでは700点以上の語学力が必要とされています。


2.  ネイティブの知り合いが出来ない

・・・・英語へ苦手意識から日本人同士での交流が多くなってしまいがちです。これは、多くのワーホリ経験者がワーホリ生活のなかで、最も難しいとする部分です。また、ネイティブの知り合いができたとしても英語でうまく話せないため、輪に入れず、辛い思いをすることも多くあります。


→結果として英語力を伸ばすことができず、TOEICやIELTSなど履歴書に目に見えるわかりやすい結果を残す事ができない。

ワーホリ後のキャリアアップ例


  • ワーホリ前の語学学校で英語のレベルアップをしてから、前職であるグラフィックデザインのスキルを活かし、オーストラリアのデザイン会社へインターンとしてアルバイト。多国籍な環境でリーダーとしてデザイン案件を担当した結果、マネジメントスキルも身につき、帰国後は多くの企業から内定。年収400万円から600万円にアップ。


  • 英語にはそこそこ自信があったので、すぐに仕事探しをスタート。カナダのトロントで情報誌の編集の求人を見つけて応募、無事採用。ワーホリ後の就職活動ではカナダでの就業経験をアピールすることができ、帰国後、外資系企業のコンサルタントとして採用。


  • 海外滞在を形にした上で小学校英語指導者認定を取れることを知り、オーストラリアで自分の英語力を生かしワーホリをしながら資格を取った。帰国して数年経つ現在もワーホリ当時の経験を活かしながら英語指導者を続けている。

まとめ


限られたワーホリの期間を効率的に使い、ワーホリ終了後の就職でキャリアップを考えるのであれば、出発前の英語スキルアップは必須です。英語力に自信が無い方は、ワーキングホリデー前に、セブ島留学を通して短期間で十分に英語力を上げることをオススメします。ただ海外に行くだけでは英語力は上がりません。

しっかり勉強して、常に英語環境に身を置くことを意識しましょう。

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
03-6455-3910