受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

ワーキングホリデーの準備に必要な期間|いつから始める?準備することを解説

「ワーホリに行ってみたい」「海外で生活してみたい」と憧れを持つ人は多くても、いざワーホリに行くと決めたときにいつから準備をしたらいいか、なにから準備をしたらいいか分からず、行動に移せないままの人も多いですよね。ワーホリだけに限らず、留学は計画的に準備を進められるかが留学を成功できるか鍵を握っています。本記事では、ワーホリの準備にかかる期間から、準備することまで詳しく解説しています。ワーホリの準備に不安のある方は、ぜひ参考にしてください。

ワーキングホリデーとは

いくつか留学プログラムがある中でも人気の高いワーキングホリデーは、休暇を楽しくことを目的とされたプログラムです。そのため、滞在期間が比較的長期になり、滞在中の費用を補うために現地での就労が許可されています。


ワーキングホリデー通称ワーホリは、日本国籍を持っている18〜30歳までの人が利用できますが、渡航先によって年齢制限が異なります。どの国でもワーホリができるわけではなく、協定を結んだ国のみとなります。日本は現在以下の29ヶ国と協定を結んでいます

渡航できる国 対象年齢
(ビザ申請時)
滞在できる期間 就学できる期間 就労できる期間
オーストラリア 18~30歳 3年 4ヶ月 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ニュージーランド 18~30歳 1年3ヶ月 6ヶ月 上限なし
カナダ 18~30歳 1年 6ヶ月 上限なし
韓国 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
フランス 18~29歳 1年 上限なし 上限なし
ドイツ 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
イギリス 18~30歳 2年 上限なし 上限なし
アイルランド 18~30歳 3年 明記なし 1週間で最大39時間まで
デンマーク 18~30歳 1年 明記なし 6ヶ月
台湾 18~30歳 360日 明記なし 明記なし
香港 18~30歳 1年 6ヶ月以内 同一雇用主の下では6ヶ月まで
ノルウェー 18~30歳 1年 3ヶ月未満 同一雇用主の下では6ヶ月未満
ポーランド 18~30歳 1年 上限なし 上限なし
ポルトガル 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
スロバキア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
オーストリア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
ハンガリー 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
スペイン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
アルゼンチン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
チェコ 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
チリ 18~30歳 2年 明記なし 明記なし
アイスランド 18~26歳 1年 明記なし 明記なし
リトアニア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
スウェーデン 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
エストニア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
オランダ 18~30歳 1年 明記なし 明記なしだが、年間で同一雇用主の下では働けない
ウルグアイ 18~30歳 1年 明記なし 明記なし
フィンランド 18~30歳 ビザ発給から1年 明記なし 明記なし
ラトビア 18~30歳 1年 明記なし 明記なし

上記の表でご確認いただけるように、渡航先や年齢制限だけでなく、滞在可能期間・就学可能期間・就労可能期間なども国によって異なります


さまざまな条件はあるものの、学生ビザで留学をした場合と比較すると学校に行きながらアルバイトができるため、とても自由度の高い留学が実現できます。語学を学びながら働くことで、現地の人と関わる機会が増え、現地の語学を身に付けるためにより良い環境での留学になると言えます。

ワーホリ準備に必要な期間は「約1年」

ワーホリに行きたいと思っている人は多くても、何からワーホリの準備をしたらいいか分からなかったり、逆に準備することが多いと感じて心が折れてしまい諦めてしまう人もいますよね。ワーホリ準備は、余裕を持って進めべれば面倒に思うことなく進められるはずです。


ワーホリの準備期間ですが、渡航したい時期の約1年前から準備を始めます


「ワーホリの準備」と聞くと渡航先を決めてしまいがちですが、実は行き先を決める前にも準備することがあるのです。ワーホリの準備をする手順は以下となります。

準備1:ワーホリの情報収集をする

ワーホリ準備の第一段階は「情報収集」です。冒頭で解説したように、ワーホリは渡航できる国が限られており、さらに国によって滞在可能期間や対象年齢などが異なります。ワーホリがどんなものなのか・どの国へ行けて何が学べるのかなど、ワーホリの知識を身に付けましょう。


ワーホリは、アルバイトができることが最大の魅力ではありますが、働ける条件があったり働ける期間が決まっていたりと、ただ「海外で働いてみたい」という気持ちで渡航してしまうと「思っていたのと違った」「やりたいことができなかった」とギャップを感じてしまうかもしれません。


ワーホリについてしっかりと情報収集し、語学留学や長期留学ではなく「ワーキングホリデー」を選ぶ意味を一番最初に理解しましょう。

準備2:ワーホリに行く目標・目的を決める

そして次はワーホリに行く目標や目的を決めます。 第1ステップでワーホリの情報を集めると、夢が膨らみ「この国へ行ったみたい」「あの国で生活してみたい」と行きたい国が出てきますよね。しかし、国によって特色や特化していることがあるので、先に行き先を決めてしまうと、ワーホリでやりたいことが達成できない場合があります


行き先を決める前に、まずはワーホリに行く目標・目的を決めましょう。なぜワーホリに行きたいのか、ワーホリでどんなことを達成したいのか、具体的な目標を立てることで、自然とどの国へ行くべきか浮かび上がってきます。そこで第3ステップの「行き先決め」に進みます。

準備3:行き先を決める

第2ステップで立てた目標を元に、それに合う国を行き先に選びましょう。例えば「現地の人とそつなくコミュニケーションが取れるくらい語学力を上げる」という目標であれば、教育水準の高いイギリスやカナダが候補にあがりますし、「日本食レストランではない現地のお店でアルバイトをする」という目標であれば、留学生向けの求人が多いオーストラリアが候補にあがります。


また、ここが大きな悩みポイントになる人が多いところ。ワーホリの対象国は、現在29ヶ国あります。その中で実際にどの国が自分に合っているのか、その国を選ぶべきなのか、悩んでしまう方はぜひ留学エージェントのStudyInをご活用ください。海外経験豊富な留学コンサルタントが、あなたにぴったりのワーキングホリデーをご提案します。

準備4:ワーホリ資金を貯め始める

行き先によって物価や語学学校の料金が異なりますが、ワーホリの費用目安は約100万円です。現地ではアルバイトで収入が得られるものの、航空券や語学学校の費用など事前に必要な分と、渡航直後のアルバイト収入が入るまでの生活費分はあらかじめ用意しておかなければいけません。


StudyInがオンラインで開催しているワーホリ説明会では、ワーホリにかかる具体的な総額費用も説明しています。どれだけお金を貯めればいいのか目安になるので、ぜひ参考にしていただき、計画的にワーホリ費用を貯め始めましょう。

準備5:パスポートを準備する

また、この時点でパスポートを確認しておきましょう。パスポートを発行したことがない人は新しく作り、すでにパスポートを持っている人は有効期限をチェックしてください。 渡航する国によって、入国条件に有効期限の条件が設けられている場合があります。パスポートの発行までに日数が必要になるので、期間に余裕をもってパスポートの更新を行いましょう。 


ここまで準備ができたら次は本格的な準備に移ります

本格的な手続きや準備は「半年前」から

渡航から半年前になったら、さまざまな手続きや用意など本格的な準備に入ります。

渡航から半年|事前学習を開始する

渡航から約半年前になったら、事前の語学学習を始めましょう。ワーホリの失敗談として、よく「語学力が思ったより上がらず帰国した」と耳にすることが多くありませんか。ワーホリを失敗する原因として、渡航前にしっかりと語学の基礎を身に付けておかなかったことが挙げられます。


基礎がないうちに渡航してしまうと、現地の人とコミュニケーションが取れず、なかなか語学力が上がりません。さらには、仕事も賃金が低くくあまり現地の言葉を使わない日本食レストランでとどまってしまいます。


渡航先が決まったらその国の語学を勉強し始めてください。StudyInでは、業界No.1のオンライン英会話サービスである「レアジョブ英会話」を無料提供しています。マンツーマンレッスンのオンラインレッスンを、週に3回・朝6時から深夜1時まで受講できるので、初心者の方でも半年~3ヶ月ほどの短期間で日常会話レベルまで上達が期待できます。

渡航から半年~3ヶ月前|必要なものを手配する

渡航から半年~3ヶ月前になったら渡航に必要なものを手配します。手配が必要なものは、以下の4つです。


  1. ワーキングホリデービザ
  2. 語学学校
  3. 滞在先
  4. 航空券


ここで注意しなければいけないのが、語学学校や滞在先の手配をしてから航空券の準備にとりかかる点です。「この日に渡航したい」と思っていると、まずは航空券を用意してしまいがちですが、語学学校の入学日や滞在先は入所日が指定される場合が多いです。先に航空券を手配してしまうと、指定日とずれてしまい調整ができなくなってしまいます。


またワーホリビザは、パスポートのように申請から発給まで時間がかかります。そのため、期間に余裕をもってワーホリビザの申請してください。


上記のものを自分ですべて手配しようと思うと、準備への不安が大きくなりますよね。そこでお役に立てるのが、留学エージェント・StudyInです。StudyInでは、ワーホリビザの手配方法や語学学校の選定など、海外経験豊富な留学コンサルタントがサポートいたします。無料のオンラインワーホリ説明会でいずれについても詳しくご案内していますので、お気軽にご参加ください。 

渡航から3~1ヶ月前|滞在中に必要なものを契約する

渡航から1~3ヶ月前になったら、現地の生活で必要となるものを契約しましょう。

  • 海外留学保険
  • クレジットカード
  • 現地で利用する銀行口座

ワーホリは、平均で1年ほどの滞在になる場合が多いです。国によってはさらに長期になる場合も。滞在が長期になるほど、短期留学よりもケガや病気のリスクが高くなりますし、海外での医療費は高額になる可能性があります


海外旅行保険は、治療費だけでなく契約内容次第で紛失や盗難に遭った場合も補償対象になるので、渡航前に海外留学保険の契約をしましょう


また、現地ではクレジットカードや銀行口座も必要です。日本でキャッシュ決済が進んでいるように、海外でもキャッシュレス決済が主な国も多いです。クレジットカードを用意するときは、国際ブランドの世界シェア上位であるMastercardまたはVISAのどちらかを持ってくと便利です。アルバイトをするにあたって海外の口座が必要です。

渡航まで1ヶ月未満|渡航までの最終準備

  • 荷物の準備を始める
  • アルバイト探しで使う履歴書を用意する
  • 歯科検診を受ける
  • 日本を離れる手続きを役所で行う

渡航まで1ヶ月を切ったら、最終的な準備を進めましょう。実際に現地に持って行く荷物を準備したり、現地でのアルバイト探しで使う履歴書を作成します。また、前項で海外留学保険への加入を推奨しましたが、歯科治療は補償対象外となったり補償額が低い場合が多いです。渡航前に歯科検診は受けておくことをおすすめします。


また、日本を1年以上離れる場合は、住民票を抜く「海外転出届」の手続きをします。日本にいない期間の健康保険料や年金を支払う義務がなくなり、海外転出届を提出しないといずれも支払い義務が発生します。しかし、支払い義務はなくなるものの、海外での治療が補償される「海外療養費」が対象外になったり将来もらえる年金が減額になったりとデメリットもあります。


履歴書の書き方や役所での手続きについても、不安ごとはStudyInにご相談ください。留学コンサルタントが、海外での経験を踏まえたアドバイスと最新情報をご提供します。渡航前まで漏れのない準備を進めていきましょう。

準備期間はワーホリの成功を左右する

ポイント1:ワーホリの情報や知識をしっかりと集める

ワーホリ準備の第1ステップと紹介した「情報収集」。後悔しない・失敗しないワーホリにするには、事前の情報収集が必須です。しかし、ネットにはさまざまな情報で溢れており、どれが正しい情報なのか判断するのは難しいですよね


そこで、正しい留学情報を得るには、留学エージェントの利用をおすすめします。StudyInでは、留学コンサルタントが毎年現地調査を行っているのが特徴で、あなたに合った学校の選定から、各国の治安や現状など提供する情報はどれも最新情報です。ワーホリだけでなく海外インターンも経験している留学コンサルタントも在籍しており、履歴書の書き方や給与のいい仕事の探し方のアドバイス・情報提供もしています。


留学エージェントと聞くと、紹介料や手数料などで費用が高額になるイメージがありますよね。しかし、StudyInではすべてのサポートを手数料無料で提供しており、渡航時期によっては航空券や語学学校にStudyIn独自の割引が適用されたりするので、実質ご自身での申込と変わらない金額または費用が安く抑えられます。


これらの最新留学情報やサービスについては、無料でご参加いただけるオンラインワーホリ説明会でご紹介しています。ぜひお気軽にご参加ください。

ポイント2:ワーホリで達成したい目標を立てる

前述したように、ただ海外に行くことだけを目的としていると、学習面も就労面も中途半端になってしまい、帰国後に成果を感じられず「やめておけばよかった」と思ってしまう可能性があります。


ワーホリは約1年ほど現地に滞在する方が多いので、「とりあえず海外に行ってみたい」「海外で生活してみたい」といった目的で渡航してしまうと、なにも身に付かず時間と費用だけが消費され大変もったいないです。


一方で明確な目標を持ってワーホリに挑むことで、同時に渡航後の行動が明確になります。現地で無駄のない行動ができれば、ワーホリの成功に繋がり、滞在中も充実感を感じられるでしょう。

ポイント3:事前の語学勉強を怠らない

現地に到着してから語学を身に付けようと思っていると、現地の言葉でコミュニケーションが取れるまでに時間がかかってしまいます


語学の基礎を身に付けるには3ヶ月ほど必要と言われており、語学力ゼロの状態から現地で学習し始めようとすると、基礎が身に付くまではアルバイトをするのが難しいです。語学力の上達が遅れ、語学が身に付かないまま帰国することになる可能性が生まれます。


しかし、あらかじめ日本で事前に勉強をして基礎を身に付けておくことで、現地に渡航してからのスタートラインが違います。語学学校に通うのであればさらにネイティブな言語を学べますし、現地の人とも積極的にコミュニケーションが取れ、より早く・質のいい語学が身についていきます。


「ワーホリへ行っても語学が上達しなかった」「語学力が上がらないならやめておけばよかった」という失敗や後悔をしないよう、渡航までの事前勉強は怠らないようにしましょう

ワーホリ前の語学学習はStudyInの「レアジョブ英会話」

ワーホリの準備の中でも重要性の高い「語学の事前学習」。現地での勉強ももちろん重要ですが、渡航前に語学の基礎や日常会話を身に付けておくことの必要性を感じていただけたでしょうか。


渡航前に日常会話が話せるまでに上達できていれば、現地でのアルバイト探しで日本食レストラン以外の選択肢が生まれ、仕事探しがスムーズになるでしょう。


しかし、ワーホリの準備が大変な中、英会話スクールを探して契約したり通ったりするのは大変ですよね。そんな方には、StudyInが提供している無料オンライン英会話サービスをおすすめします。


業界No.1のオンライン英会話サービスである「レアジョブ英会話」を無料提供しており、自分の好きなときに質のいいマンツーマンレッスンを受講できます。年中無休で週に3回・朝6時から深夜1時まで受講でき、日常会話をマスターできるまで専属講師が徹底サポートします。


英会話レッスンを含め、ここまで紹介したStudyInのサポート内容を詳しく知りたい方はぜひ「ワーホリ説明会」へご参加ください。

本気でワーホリに挑戦したい人はStudyInの無料相談へ

ワーホリの準備の大切さを感じていただけたでしょか。余裕をもって準備をし始めることで、成功するワーホリへと近づきます。しかし、海外初心者の方やワーホリが初めての方は、ひとりで準備をすることに不安がありますよね。そんな方は留学エージェント・StudyInにご相談ください。


StudyInでは、無料のオンラインワーホリ説明会を毎日(11:00〜21:00の間)開催しています。説明会はカウンセリングも含めたマンツーマンなので、海外が初めての方や語学力ゼロで不安な方にも丁寧な説明ができる環境を整えています。


ワーホリの説明だけでなく、質疑応答の時間を設けているので、ビザの申請について不安なことや現実的なワーホリ費用、さらには仕事の探し方や履歴書の書き方など、ご不安・疑問に思っていることに100%でお答えします。ご興味のある方・本気でワーホリに挑戦したい方は、ぜひワーホリ説明会にご参加ください。


また、資料のみの請求も可能なので、かんたん資料申込ページよりお気軽に資料をご請求ください。資料をお読みいただき、さらにご興味を持っていただければワーホリ説明会へのご参加をお待ちしております。ご不明なことは、LINEの無料相談でもご相談いただけますこちらから、お気軽にご連絡ください。 

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
コンサルタントに直接相談
0120-100-844