受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

フィリピン留学できないかも!?出発前にパスポートを要チェック!

初めての海外でパスポートを持っていない方!
パスポートは持っているけどだいぶ前に取ったから多分期限が切れているかもしれない…という方!

どこで、どのようにパスポートの申請をすればいいのか、この記事を読めばまるわかりです!

目次

  1. パスポートとは?
  2. 申請の手順
  3. パスポート申請に必要な書類
  4. 注意事項
  5. 既にパスポートを持っている方へ

パスポートとは?

パスポートとは、いうなれば「世界各国で通用する身分証明書」です。


言葉の異なる海外にあって、自分が何者であるか(国籍、氏名、年齢など)を具体的に証明できるほぼ唯一の手段と言うことができます。 


パスポートがなければ、外国に入国することはもちろんのこと、日本から出国することもできません。

だからこそ、留学や海外旅行など、海外に行くときには必ずパスポートを携帯しなければならないのです。 


また、身分証明書として携帯するために、パスポートのカラーコピーを取っておくといいでしょう。

パスポートの種類

5年パスポートと10年パスポートがあります!

上の写真にもあるように、日本国パスポートは2種類あります。


赤いパスポートが有効期限10年のもの、

紺色のパスポートが有効期限5年のものです。


※未成年の方は10年パスポートを発行することができません。

申請の手順

申請書類を揃えたら、 住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請してください。

申請書類については次の項目で詳しく述べていきます!

各都道府県のパスポート申請窓口のHPはこちらからご覧ください。


申請から受領まで、約1週間かかります。 


 受領の際には、以下2点を持参して、本人が窓口までお越しください。

  1. 申請の時に渡された受理票(受領証)
  2. 手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付してください。)

パスポート申請に必要な書類

  1.  一般旅券発給申請書(1通)
  2.  戸籍謄本(1通)
  3.  住民票の写し(1通)
  4.  本人を証明できるもの 
  5.  証明写真 

一般旅券発給申請書

手書きの申請用紙と、ダウンロード申請書があります。


手書きの申請用紙は、パスポート申請窓口で入手することができ、ダウンロード申請書はコチラから入手できます。

戸籍謄本

申請日前6か月以内に作成されたものでなければなりません。


戸籍謄本は、本籍地がある市区町村役場で入手することができます。


居住地が本籍地と異なる場合、代理人による申請や郵送申請もできます。

住民票の写し

 必要となる方

  1. 住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない方
  2. 住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請される方

※2の場合,都道府県によっては対応が異なりますので,詳細は申請先のパスポートセンターにて確認ください。

本人を証明できるもの

以下のAから2つあるいはA,Bから1つずつ提示しなければなりません。

証明写真

パスポートに使われる写真となります。


縦45ミリメートル×横35ミリメートルで、申請日前6カ月以内に撮影されたものを用意してください。


写真の裏面には申請者の氏名を記入してください。 

※ご記入の際は表面にインクがにじまないように,また凸凹が出ないようにご注意ください。 


※各申請書類についてのより詳細な情報は外務省のパスポート申請ページをご覧ください。 

未成年の場合

未成年の場合、 申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は後見人が必ず署名しなければなりません。 


親権者又は後見人が遠隔地に在住し,申請書に署名ができない場合には,親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出してください。

注意事項

できるだけ自分で申請した方が良い!

パスポートの申請は、基本的に本人が行った方が簡単です。


代理人が申請書類を提出することもできますが、本人が記入しなければならないところがあるため、その部分を埋めてから提出することになります。また、代理人が提出する場合でも、身分証明書の提示を求められます。


また、受け取りは本人しかできませんので注意してください!

住民票がある都道府県でしか申請できません!

1人暮らしをしている学生の方は特にありがちですが、実家から住民票を移していない場合、地元のパスポート申請窓口でしか申請できません!


自分が住民票を移しているかどうか確認して、所定の窓口で申請しましょう!


※東京都の場合、住民票が都内にある方、居所が都内にある方は東京都で申請することができます。

既にパスポートを持っている方へ

フィリピンの場合、 パスポートの有効期限が「滞在期間+6ヶ月」以上の余裕があることが入国条件となっています。


既にパスポートを持っている方は、有効期限が足りているかきちんと確認しましょう!

有効期限が足りない方

まだ期限は切れていないけれど、滞在期間+6か月分もない…という方は、申請窓口で更新手続きが必要です。


更新に必要な書類は以下の3つ。

  1. 一般旅券発給申請書(1通) 
  2. 証明写真  
  3. 前のパスポート

新規申請のときとは異なり、準備する書類が少なくて済むため、期限が切れる前に更新するのをおすすめします!


また、更新でも申請手数料は変わりません。

既に期限が切れている方

既に有効期限が切れてしまっているという方は、新規申請と同じ手続きを踏まなければなりません。


必要書類は先ほど示した5点と、前のパスポートです。

パスポートだけではフィリピン留学できません!

パスポートをゲットしたら、フィリピンに行くことはできますが、語学学校で勉強することはできません!


他にどのような書類が必要なのかについては、こちらの記事をご覧ください↓

「フィリピン留学にビザは必要?SSPって何?フィリピン留学に必要なビザ関係まとめ」


パスポート申請・更新についてご理解いただけましたか?


パスポートをゲットして、楽しいフィリピン留学にしましょう!

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844