受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

フィリピン留学1か月の費用と内訳を紹介

留学費用は、フィリピン留学をする前に特に気になる点。検討段階でしっかりと確認しておきましょう!

フィリピン留学1ヵ月10万円〜!という広告を見たことありませんか?あの広告は授業料だけを記載した金額、更に講義数が少ないなどのデメリットあり、正確な価格ではありません。

みなさんが知りたいのは学費だけではなく、総額の費用だと思います。フィリピン留学を1ヶ月(4週間)受講する上で必要な学費総額費用をご紹介します。

【目次】

・フィリピン留学1か月の費用は?

・1か月留学費用の内訳

・費用が安いから効果がない?!

フィリピン留学1か月の費用は?

 ずばり!一か月のフィリピン留学した場合、実際に必要になる総費用は322,328円です!


フィリピン留学の費用は20万円~40万円が相場で、30万円が平均となっています。


それでは、費用の内訳を見ていきましょう。

内訳を見る前に

費用が欧米留学に比べて圧倒的に安いフィリピン留学。ではなぜそんなにも留学費用を抑えることができるのでしょうか?


欧米留学とフィリピン留学との違いを理解しながら、留学費用を抑えることができる理由を理解していきましょう。

宿泊費

 欧米圏の留学になると、ホームステイが主流になります。対してフィリピン留学は「学生寮」が主流になります!寮は1人~6人部屋(語学学校による)が選択できます。複数人の寮部屋を選択することで、大幅に費用を抑えることができます

授業料=学費

授業料も宿泊費と同様に、フィリピン留学をするほうが圧倒的に安いです。

これは、フィリピン講師の人件費が、欧米の講師の人件費よりも安いためです。フィリピンでは授業の半分以上が「マンツーマンレッスン」で行われるという特徴があります。安い価格でかつ自分のペースで学習することができるのが、フィリピン留学の特徴です。

航空券代

日本からの距離を考えたとき、フィリピンのほうがアメリカよりも地理的に近いため、自ずと航空券代も抑えることができます。


(*航空券代は、取得式が早ければ早いほど、ピークシーズンは学生の夏休み(7月〜9月)、冬休み(12月下旬)、春休み(2月〜4月)の時期を避けることで安く購入することができます。)

食費

フィリピンの語学学校のほとんどが全寮制のため、朝・昼・夜の一日3食の食事の提供があります。この食費はすべて宿泊費・授業料に含まれるため、外食をしない限り別途で食費がかかることはありません

フィリピン留学とアメリカ留学の1か月の費用の差は?

同じ1か月という期間を留学にあてるなら、フィリピン留学のほうがアメリカ留学より格安で済みます!

その差はなんと合計で1/2~1/3以下


いかにフィリピン留学が手ごろな価格で、学生や社会人の方に人気かが理解できると思います。

1か月留学費用の内訳

それでは費用の内訳を見ていきましょう。

費用には大きく分けて3つのグループがあります。

322,328円の内訳は?

留学料金は以下の3つに分類されます。一つ目は「日本で支払う費用」、二つ目は「フィリピンで支払う費用」、三つ目にその他の費用がかかります。

日本で支払う費用

フィリピン現地で語学学校に通うにあたって、入学金と授業料を日本で事前に支払う必要があります。


今回は、クリーンな学校設備と豊富な授業数が人気のSMEAGクラシック校のESL 一般英会話コース1(マンツーマンレッスン4時間/グループレッスン6時間)を選択し、1人部屋の寮に滞在した場合に費用の見積もりをしてみます。


「滞在空間の快適さ・学校の雰囲気」を重視するとこのくらいの値段になります。


低価格の学費が売りの学校や複数人部屋の寮を選択すると、より費用を抑えることも可能です。自分の予算や留学の目的と相談して決定しましょう。

入学金|¥15,000

各語学学校に事前に支払いをします。入学費はどの語学学校であってもおよそ一律15,000円です。

授業料・宿泊費・食費・洗濯費|¥194,000

フィリピンの語学学校は、授業料の中に、寮の宿泊費/食事/清掃・洗濯の費用がすべて含まれている学校がほとんどです。

生活をしていくうえで必要なサービスは十分に受けることができます。


 *語学学校によっては、食事の提供が3食ではない場合があります。留学先の学校の食事の提供がそのようになされるかを事前に確認しておくことをおすすめします。 

フィリピンで支払う費用

 留学中にフィリピン現地で支払いが必要な費用には以下のようなものがあげられます。

  • SSP(就学許可証)
  • 電気代
  • テキスト費

*VISA延長費用は、30日以内であれば延長の必要はありません。30日を超えて滞在する場合は6,500円を追加で支払う必要があります。

SSP(就学許可証)|¥11,528

SSPとはSpecial Study Permitの略で、フィリピン政府が発行する「特別就学許可証」のことです。外国人が観光ビザでフィリピン国内で合法的に留学を行う場合に必要になる許可証です。 


このSSPの発行は学校がすべて代行をしてくれるため、申請費の5,240ペソ(約11,528円)に加えて代行手数料を支払います。


電気代|¥4,400

語学学校の寮に滞在する場合は、電気を使った分だけ支払うことになります。基本的に学校で電気代がかかるのは冷房の利用代です。電気代を節約したい方は冷房の利用を控えることをおすすめします。


複数人の部屋を利用する場合は、合計の使用量を部屋の人数で割った金額が一人当たりの支払金額になります。


SMEAGクラシック校の電気代は約500ペソ(約1,100円)/週かかります。 今回は平均金額の¥4,400で見積もります。


テキスト代|¥1,100

受講するコースによって費用は変わってきますが、基本は1000円~3000円程度です。


SMEAGクラシック校では500~1500ペソ(1,100~3,300円)となっています。

語学学校によっては、テキストをすべて個人の費用で購入させる学校もあれば、プリント学習が中心の学校もあります。

その他

 個人の任意で用意する費用です。

  • 航空券代
  • 海外旅行保険費用
  • お小遣い

航空券代|¥55,000

航空券は取得時期や渡航時期によって大きく変わってきます。基本は東京成田からフィリピンセブ国際空港までLCCでの往復で約30,000円~約60,000円ほどです。


しかし、学生が長期休暇に入る7.8月、海外旅行者が多くなる12月などの期間は10万円近くなることもあります。


留学を決めたらまず航空券を少しでも早く取得しましょう。


海外保険料|¥11,300

 現地で病気やケガに備えて、海外保険への加入をする必要があります。1か月の保険料は約10,000円~約15,000円です。


クレジットカード付帯の海外保険を利用することもできますが、カード会社とカードの種類によって内容や期間などに条件がある場合があります。クレジットカード付帯の海外保険を利用する場合は事前に補償内容や条件を確認しておきましょう。


お小遣い|¥30,000

1か月の滞在であれば30,000円~40,000円程度で十分に現地の生活や旅行を楽しむことができます。

1週間1万円でちょっとした外食や週末の旅行まで十分に満喫できます。

費用が安いから効果がない?!

1か月のフィリピン留学の費用については理解できたものの、やっぱり英語力が伸びるのかが心配…という方もいると思います。

料金的には理想的なフィリピン留学。ではフィリピン留学でどのように語学力を伸ばすことができるのかが、留学を決意するのには欠かせない要素になりますね。


以下の記事ではフィリピン留学メリット・デメリットについて包み隠さず紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

フィリピン留学のメリット・デメリット特集!費用面・英語学習面・日常生活面で徹底解説!

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844