受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

月収〇〇万円!?国別ワーキングホリデーの給料徹底比較!

ワーキングホリデーでいくら稼げるか知っていますか?

国によって値段が変わってきますが、実は日本よりも最低賃金が高い国があるんです!

目次

ワーホリとは…


ワーキングホリデー (ワーホリ)制度とは、二国・地域間協定です。


これは、相手国・地域の青少年に対し、休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。



これが認められることによって海外で働くという貴重な経験ができるんですね!


ワーホリ制度についての詳しい情報はこちらへ←

出稼ぎワーホリにご注意!


色々な所で「ワーホリは稼げる」といった記事を見かけますが、お金を稼ぐためにワーホリに行くことはオススメしません。



もちろんこの後紹介するように最低賃金が日本より高い国は存在しますが、お金を稼ぐだけなら日本で稼ぐ方がよっぽど効率が良いです。



お金を稼ぐついでに英語をマスターしようと考えるのは甘いですよ!!!



無闇にお金稼ぎにワーキングホリデーを使わないようにしましょう。

英語圏!最低賃金が高い国ランキング!


参考までに…


日本の最低賃金(都道府県平均)は874円!(2019年6月現在)


アジアでは最高額ですが、先進国では下位の方の11位です。


1位 オーストラリア!


ファームステイなどが人気のオーストラリア!


時給はカジュアルというバイト形式だと…


最低時給は1750円です。(更に祝日には時給が上がります!)



2位 ニュージーランド!


おおらかな国ニュージーランド!


最低時給は1300円です。



3位 アイルランド!


音楽大好きなアイルランド!


最低時給は1000円です。


4位 イギリス!


イギリス英語を学べて時給も良い国です!


最低時給は930円です。



5位 カナダ!


語学留学国としても人気のカナダ!


最低時給は920円です。


英語圏以外!最低賃金が高い国ランキング!

1位 フランス!


エッフェル塔が有名でパンが美味しい国、フランス。


最低時給は1300円です。


2位 ドイツ!


ドイツ語とフリジア語が学べる国です。


最低時給は1100円です。



月収は…


一日に6時間、月に20日働くと…


オーストラリアでは210,000円!!!



フランスでは156,000円!!!!



この額を稼ぎながら英語の能力向上に繋げられたら最高ですよね。

海外のお金で気をつけること

「雇用契約」に気をつける


ワーホリで来ている人を標的にお金を騙しとる悪徳業者も存在します。


最低賃金を自分で把握して、政府公認の働き口かを自分で見極めましょう!


また、最低賃金より低い値段で絶対に働かないようにしましょう。


チップ制度の有無


国によっては日本にはない「チップ制度」が存在します。



消費者の立場では「払わなければならない」と感じてしまうかもしれません。

しかし逆にローカルのウェイターなどで働くことができれば給料+チップ代がもらえます!

職を得やすいポイント

英語が話せること


正直、給料を決めるのは英語力です。


ローカルで給料が良いバイト先を手に入れようと思ったら、地元の学生たちと競う必要が出てきます。


採用は「英語力+α」で判断されます。


日常英会話は問題なく話せて、細かい英語のニュアンスを勉強するような状況で臨むのがベストでしょう。


英語が話せないからと日本食レストランで働くのは渡航費の無駄ですよ!


何かの経験者であること


どこの世界でも経験者とは優遇されるものです。


もしあなたが秀でた資格や特技、経験があるのならそれに基づいた仕事やインターンを探しましょう。


資格を持っているのなら使わない手はありません!



関連記事:評価される強みを!ワーキングホリデーこそ資格取らない?


ワーホリに行った人がよく就く職業


ワーホリに行ったの先輩たちはどのような職業で働いていたのでしょうか?


人気職業ランキングを紹介します!


1位!カフェ店員


地元のカフェなどが一番人気です。


カフェで地元の方との会話で英語力を磨き上げて働く人たちが多いです。


2位!レストラン店員


次に人気なのはローカルなレストランの店員さん!


地元料理の賄いなどもらえると嬉しいですよね‼︎


また、チップが貰いやすいことも利点の1つです。


3位!ファームジョブ


オーストラリアなどの農業大国に多いこの仕事。


ファームステイについて利点や注意点をまとめたサイトがこちらにあるので割愛します!



オススメ記事


あなたの疑問に答えます!社会人のワーキングホリデーQ&A‼️


ワーキングホリデービザを最短で取得できる国を徹底解説!

ワーホリ先カナダで稼げる仕事TOP5

これが給料だ!


いかがでしたか?


ワーホリで渡航可能な国の給料についての問題が少しでも解決していたら嬉しいです。

また、これが国選びの基準の1つになれば幸いです。



ワーホリに行く前に最低賃金を使って現地の生活のシミュレーションしてみるといいと思います。


もし英語力が渡航を難しくしているハードルになっているのならば「2カ国留学」という手段が存在します。

計画立てて行動して最高のワーキングホリデーにしましょう!


何か質問があればお気軽にどうぞ↓


関連記事

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844