受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!

バンクーバー留学

バンクーバー留学の特徴や、費用の目安などをご紹介します。

カナダのバンクーバーは日本食を扱うレストランやスーパーが多く、カナダ国内において比較的穏やかな気候から「住みやすい」と感じる日本人の渡航者が多いようです。

バンクーバー留学の概要

面積 2,883㎢(※)
人口 264万2,825人(※)
日本との時差 -17時間(サマータイム時は-16時間)
日本からのフライト時間 8〜10時間(直行便の場合)

※ バンクーバーとその周辺都市で形成される「メトロバンクーバー(バンクーバー都市圏)」の合計。

カナダの中でトロント、モントリオールに次ぐ大都市のひとつがバンクーバーです。

市内からバスで行ける距離には、海水浴ができる「イングリッシュベイビーチ」や、冬にスキーやスノーボードができる「グラウスマウンテン」があり、滞在期間中でも少し足を伸ばせば自然の中でのアクティビティを楽しめます。アメリカ国境とも近く、休暇を利用してアメリカへの旅行も楽しめます。

バンクーバーで1か月間、語学学校が通うときにかかる費用の目安は、学費、家賃、現地での生活費、航空券代の合計で約42~45万円です。

バンクーバー留学を動画で解説

留学先としてバンクーバーが選ばれる理由

日本と近い生活がしやすい

バンクーバーは「カナダの文化に触れながらも日本と近い生活をしたい」方に適した都市です。

2016年の国勢調査の結果によれば、トロントに住むアジア系の住民の比率が約41%だったのに対し、バンクーバーに住むアジア系の住民の比率は約46%です。


アジア系住民の多いバンクーバーの市内には、アジア系の食材を扱うスーパーマーケットが複数あり、日本食のレストランや日本食も揃っています。

バンクーバーは冬でも気候が穏やか

トロントと比べて、バンクーバーは冬の気候が穏やかです。2021年12月~2022年2月のデータによると、トロントは平均気温が氷点下になる月もあったのに対し、バンクーバーの平均気温は3~5℃前後でした。

【バンクーバーとトロントの平均気温(2021年12月~2022年2月)】

バンクーバー トロント
2022年1月 3.9 -6.3
2022年2月 5.2 -3.0

※参考:気象庁「世界の天候データツール(ClimatView 月統計値)

バンクーバー留学の前後でギャップを感じやすいポイント

バンクーバーは日本人が多い

渡航されているお客さまからは「バンクーバーは日本人が多い」という声を頂くことがあります。


実際、バンクーバーの語学学校の日本人比率は平均すると20~30%、多い学校では40%を超えています。日本人がいない環境を想像して通学するとイメージとのギャップを感じてしまうでしょう。

バンクーバーは治安が良い

バンクーバーは治安が良い街と言われています。滞在中も気軽に外出しやすく、住みやすい街です。

しかし治安の悪いエリアはあります。例えば、観光地として有名な「ギャスタウン」を抜けた先にある「イースト・ヘイスティング・ストリート」という通りや、ダウンタウンから見て西南の位置にある「サレー」も治安が悪いと言われています。

実際にお客さまからも、街中でトラブルにあって暴行を受けたという報告を頂いたことがあります。

トラブルを避けるためにも、治安が悪いエリアや人通りの少ない通りを事前に調べて、極力近づかないことが大切です。

バンクーバー留学にかかる費用の目安

合計費用の目安は以下の通りです。なお、紹介する費用はすべて1CAD=100円として計算しています。

留学期間 語学学校 大学
2週間 約30万~40万円
1か月 約35万~50万円
半年 約100万~150万円
1年 約200万~300万円 約250万~600万円

バンクーバー留学にかかる費用の内訳

学費

【語学学校の場合】

バンクーバーにキャンパスを持つ語学学校ILACの一般英語コースを例として紹介します。

留学期間 学費
2週間 約9万円
1か月 約18万円
半年 約101万円
1年 約192万円
【大学の場合】

バンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州の学費の平均は年間約330万円です(出典:カナダ統計局)。
ブリティッシュコロンビア州はカナダの中でも学費が高額で、安い州と比べるとおよそ2~3倍の学費がかかります。

バンクーバーにある大学の学費の一例をまとめました。

大学 1年間の学費目安
ブリティッシュコロンビア大学(州立) 約500万円
サイモンフレーザー大学(州立) 約330万円
フェアリー ディキンソン大学(私立) 約270万円
カモーソンカレッジ(私立) 約150万円

一般的に、4年制の大学(university)よりも2年制のカレッジ(college)のほうが学費は安い傾向があります。
4年制大学の卒業を目指す場合も、カレッジから編入すれば合計の学費を安く抑えられます。

生活費

生活費は滞在方法によって異なります。

滞在方法 目安費用/月 備考
ホームステイ 約8万~15万円 一般的に食費・光熱費を含む。
学生寮 約10万~20万円 一般的に食費・光熱費を含む。
ルームシェア 約6万~10万円 光熱費を含む場合もある。

3か月を超える長期の場合は、滞在期間の後半はルームシェアで滞在する場合もあります。

その他費用

内訳 目安費用/月 備考
往復航空券代 約10万~25万円
海外保険料 約5万~10万円 1か月の目安。
ビザ 約3万円 ビザが必要な場合のみ
お小遣い 約2~4万円 1か月の目安。

バンクーバーのおすすめ語学学校

ILAC バンクーバー

生徒数 約1000人
学費 1週間30,240円~
コースの例 集中英語プログラム
パワーイングリッシュプログラム など

ILACは、さまざまな年齢層や国籍の人と交流したい方におすすめの語学学校です。

語学学校の留学生の国籍は40~60か国程度が一般的ですが、ILACには90か国以上から留学生が集まります。留学生の平均年齢層に目を向けても、多くの学校は21~22歳がボリュームゾーンなのに対し、ILACの場合は19~22歳、22~30歳、30歳以上の人の割合がほぼ同じです。

また、多くの語学学校では入学時に行うテストに合わせて8段階にレベル分けされますが、ILACの場合は17段階に分けられるので、より自分のレベルに合った授業を受けられます。短期の語学学習から、ワーキングホリデーや大学進学のための長期の滞在まで、さまざまなニーズに対応するコースが用意されているので、目的を問わずおすすめできる学校です。

ILACバンクーバーの詳細はこちら

ILSC バンクーバー

生徒数 約1,300人
学費 1週間29,820円~
コースの例 基礎英語コース(フルタイムコース)
ビジネス英語プログラム など

ILSCは、重点的に伸ばしたい英語のスキルが決まっている方に特におすすめの語学学校です。

ILSCのコースは「週に何時間授業を受けるか」だけが決められており、その枠の中でどの授業を受けるは自分で選べます。
「苦手なスピーキングの授業を中心に選びたい」など弱点克服のための時間割や自分の得意分野を伸ばす時間割など、伸ばしたいスキルに合わせた時間割を組めます。

また、校内では英語以外での会話が厳しく禁じられているのもILSCの特徴です。

ILSCバンクーバーの詳細はこちら

VanWest College バンクーバー

生徒数 350-450人(春夏)250人(冬)
学費 1週間17,640円~
コースの例 国際ビジネスコミュニケーションサティフィケート
国際ビジネスコミュニケーションディプロマ など

VanWest Collegeは、厳しい環境の中で英語を勉強したい方におすすめです。

上のクラスにレベルアップするためにも、英語力だけでなく授業の出席率や宿題の提出率も基準として見られるので、勉強をサボれない環境に身を置きたい人に適しています。

また、ビジネスで求められるコミュニケーションスキルを測定するための試験である「Linguaskill Business(リンガスキル・ビジネス)」の対策コースが設けられている、バンクーバーで唯一の語学学校 でもあります。

VanWest College バンクーバーの詳細はこちら

バンクーバーその他のカレッジ

カナダのバンクーバーにある主要な大学や語学学校、カレッジをご紹介します。

 バンクーバーにある大学・カレッジ一覧

バンクーバー留学体験談

今すぐ相談したい人、コンサルタントに直接相談
受付時間:10:00〜21:00
LINE相談はこちら

バンクーバーエリアでおすすめの学校

カナダ留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
コンサルタントに直接相談
0120-100-844