受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
StudyInスタッフブログ

厳しい語学学校ならスピーキング力が伸びるわけではない!フィリピン留学で確実に英語力を伸ばす方法

厳しいスパルタな厳しい語学学校であれば英語力も向上すると思われがちですが、スピーキング能力を伸ばしたい場合、学校の厳しさは関係ありません。

英語のスピーキング能力を伸ばしたい場合は、学習環境の厳しさに関係なく、

①講師の質が高い語学学校を選ぶ
②国籍比率のバランスが良い語学学校を選ぶ

という点が重要です。
この2点を重視して考えると、フィリピン留学ではCIA校とSMEAGクラシック校の2校がおすすめです。

目次

学校が厳しい=英語力アップ!ではない

フィリピン留学の学校の種類(スパルタ/セミスパルタ/ノンスパルタ)

フィリピン留学ではスパルタ校やノンスパルタ校といった語学学校の種類があります。


スパルタ校は門限や英語以外話すのは禁止など、厳しいルールのある学習環境だと言われていて、ノンスパルタ校は校則などのルールも少ない、自由度の高い学校と言われています。


関連記事:

外出禁止に義務自習!?フィリピン・セブ島留学のスパルタ校は本当に英語力が上がるのか徹底解説!

フィリピン留学のセミスパルタってなに!? 学校選べない!! そんな悩みを解決します!!

質の高い講師がいる語学学校を選ぼう

厳しい学習環境であるスパルタ校に通えば英語力がアップするだろうと思われるかもしれませんが、スパルタ校と言われる学校でも、先生の質が高くない場合もあるので、そういった語学学校を選んでしまうと英語力が伸ばしにくくなってきます。

授業外も色んな国の人と英語でしゃべろう

また、留学中にスピーキング力を伸ばす上で大切なのが、語学学校の授業時間だけでなく、授業時間外の日常生活でも英語を使うことです。日常的に英語で話す環境にいることで、英語のスピーキング力を伸ばすことができます。しかしながら一部の語学学校では学生の国籍比率に偏りがあるため、実際に語学学校に通ってみたら日本人ばかりだった、というケースもあります。


その場合、日本人同士のため日常のコミュニーケーションが日本語になってしまうので、せっかく語学留学に来ているのに英語を使う機会が減ってしまい、スピーキング能力を伸ばす機会を失ってしまうので、とてももったいないです。

質の高い講師とバランスの良い国籍比率 is 大事

このような問題を避けてるためには、講師の質が高く国籍比率のバランスが取れた語学学校を選ぶ必要があります。


フィリピンの語学学校の中では、講師の質が高く国籍比率のバランスが取れている、


CIA校SMEAGクラシック校が、


スピーキング力アップを目指す方にオススメです!

2校がおすすめな理由①:講師の質が高く、スピーキング能力向上に必要な文法を教えられる

質の高い講師を揃えている

英語を話せるフィリピン人の多くは、学校で文法をしっかりと学んだ人ばかりというわけではありません。


なんとなく英語の会話ができる程度の人が多く、語学学校の先生といっても質はバラバラです。文法があまりできていない質の低い先生が多い学校だと、授業の中で正しい英語を学んで行くのは難しくなってくるでしょう。


正しい文法で英語を話せるようになるために、文法もしっかり教えられる質の高い講師を揃えている語学学校を選ぶことが重要になります。

点数保証コースがある

CIA校とSMEAGクラシック校の場合は点数保証コースというものがあるため、自分の英語力が伸びなかった場合にも保証してくれますし、学校自体が設立してからの年数が長く、日本人の英語習得に関するノウハウが蓄積されています。


点数保証コースとは?

一定期間で目標スコアに到達しなかった場合、目標スコアに到達するまでの授業料を学校側が負担するコース

※(部屋代・生活費・ビザ代は自己負担)


IELTSやTOEFLといった難易度の高いテストの点数保証コースを用意している学校では、ライティングやスピーキング、そしてその土台となる文法も正確に教えられる講師を採用している可能性が高い

というものです。

設立してからの年数も長く、講師のトレーニング体制が整っている

10年以上続いている語学学校がそれほど多くないフィリピンという環境で、2003年設立のCIAや2006年設立のSMEAGクラシック校は名門校と呼ばれています。


このため、講師には教えるためのノウハウがあり、講師陣に対するトレーニング体制も整っているため、高い講師の質が期待できるのです。

2校がお薦めな理由②:国籍比率のバランスが良く、日常会話で英語が話しやすい

せっかく語学留学したのに日本語で話しちゃう

日本人比率が高い語学学校を選ぶと、日本人同士でカタコトの英語を話すのが恥ずかしく感じて、日本語で話すことが多くなってしまいます。


せっかくお金と時間を使って語学留学に来ているのに、英語ではなく日本語ばかり話してしまうのはとてももったいないです。


また、日本人比率が低い語学学校を選んでも、韓国人の割合が多いと、授業中や日常生活の生徒同士の会話が韓国語になってしまうことも多いのが現状です。


国籍比率は、日本人比率が少ないという基準ではなく、国籍比率がバラバラで、各国とも人数が少ないところを選ぶことをおすすめします。

国籍比率のバランスが取れていると、授業時間外も英語で話せる

国籍がバランス良く分散していることで、自然と共通言語が英語に限定されるので、日常生活の中でリスニング・スピーキング能力をしっかりと向上させることができます。


フィリピン留学は日本人と韓国人にとても人気なので、日本人と韓国人の割合が低い語学学校であれば、国籍比率のバランスが取れていると言えます。目安としては、日本人・韓国人ともに国籍比率が35%~40%以下の学校を選ぶようにしましょう。

セミスパルタでも十分英語力が伸ばせるCIA校

自分自身でしっかり勉強できる人や、座学の自習時間よりも土日のアクティビティを通じて他国の友人と英語でコミュニケーションを取り、スピーキング能力を向上させたいなどのニーズがある人にオススメなのが、CIA校です。


CIA校は多様な国籍の学生が集まり、国際交流を図ることができるセミスパルタな語学学校です。敷地内では英語だけを使用するというルール、English Only Policy(通称EOP)があるので、授業外のコミュニケーションも英語で行われている学校です。

スパルタ校でお薦めなのはSMEAGクラシック校

英語を勉強しようと思っても、どうしても怠けてがちになってしまうという方におすすめなのが、SMEAGクラシック校です。


講師の質が良く、国籍比率のバランスが良いというだけでなく、授業スケジュールは朝の6時40分から始まり、終了時間は夜8時35分という一日のスケジュールになっているので、授業内でしっかり英語学習する時間を確保できます。


またCIA校と同じく、敷地内では英語だけを使用するEnglish Only Policyが存在するほか、平日の外出を禁止するというルールもあるので、平日はしっかり英語学習に時間を費やすことができます。

フィリピン留学を失敗させないために

フィリピン留学を失敗させないためには、しっかりと自分の目的に合った語学学校を選ぶことが大切です。


スピーキング力などの英語力をしっかり伸ばしたい場合は、厳しい学習環境の語学学校を選びがちですが、実際に重要なのは学習環境の厳しさではなく、講師の質が高く、生徒の国籍比率のバランスが良く発言機会が多いかどうかが重要です。


学校選びについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も見てみてください!


関連記事:

本気で英語を勉強したい人向け!フィリピン留学の学校選びの重要ポイント3選


関連記事

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844