受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
【お知らせ】 コロナ対策として、いつでもご自宅から相談できるオンラインでの留学説明会を実施中!
StudyInスタッフブログ

フィリピン語学留学1週間はオススメしない!?その理由とは

今、仕事で長期休暇を取りにくい社会人に人気の留学先、フィリピン。
1週間のフィリピン語学留学をオススメしないって本当?
その理由も含めてお答えします。

目次


フィリピン語学留学1週間はオススメしない!?

結論から言いますと


フィリピン語学留学1週間はオススメしません。


なぜなら1週間で劇的に英語が上達することはないからです。

英語初心者は一般的に3ヶ月留学して日常会話ができるようになる、と言われています。

(期間別、留学効果の記事はこちら)


しかし、1週間の留学が無駄かというとそうではありません。

英語が実際に話されている場に行くことは貴重な経験になります。


それでは1週間の留学をオススメしない理由、また1週間でもできることは何か、次の項目でお答えします。

フィリピン語学留学1 週間のメリットデメリット

フィリピン語学留学1 週間をオススメしない理由、また1週間でもできることをお教えします。

フィリピン語学留学1 週間のデメリット

英語で話す環境に慣れるだけで終わってしまう

1週間の語学留学では英語で話す環境に慣れるだけで終わってしまいます。

1週間の留学では、初日はオリエンテーションや日用品の買い物などで終わる可能性が高く、1週間留学と言っても実質4日程度しか授業を受けられません。

4日程度ですと

「英語で話すことに慣れてきた…」

というところで帰国することになります。

観光することができない

フィリピン語学留学1 週間では、日曜にフィリピンに到着し、翌週土曜日に帰国することになるので、土日の休みに観光することができません


フィリピンのイメージといえばセブ島の綺麗なビーチを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし多くの語学学校からビーチまでは何時間もかかることが多いため、丸1日のオフがないとセブ島のビーチに行くことは難しいです。

英語学習効果が薄い

1日英語に触れる環境にいると言っても、1週間では留学生活に慣れただけで終わってしまうことが多いです。


英語初級者の多くはせっかく留学に来ているにも関わらず、基礎的な英語力不足により、単語や文法などの座学に多くの時間を費やしてしまっています。

そうなってしまうと英語を話す機会が少ないので、英語の上達は実感しにくいです。

英語力ゼロで行くのは厳しい

英語力0で行くと周りが何をいっているか全くわからずに終わってしまうこともあります。

(ここでは英語力0の人を中学校レベルの基礎文法がわからない人、と定義します)


文法を教えてもらっても、英語の文法用語がわからない場合は意味がありません。

文法用語が理解できたとしても、日本でもできる文法の授業で1週間が終わってしまうこともあります。


日本でもできる勉強をフィリピンに行ってまでするのは非常に勿体無いです。


友達が作りづらい

1週間の留学では休日もほとんどなく、仲良くなるきっかけがないです。

1週間では英語力はほとんど伸びないので、英語で話しかけることや会話をすることができないまま留学が終わってしまうことがほとんどです。

フィリピン語学留学1 週間のメリット

では逆に、フィリピンの1週間語学留学で得られることをお教えします。

英語で会話する環境に身を置ける

英語で会話する環境、というのは留学するからこそ得られるものです。

日本でこの環境は作れません。

日本で英語学習をするとなると、リーディングやリスニングなど、主にインプットのスキルしか伸ばすことができません。

スピーキングの練習をしようと思うと、英会話スクールや外国人の友達を作る、という選択肢はありますがハードルは高いです。


フィリピン留学は先生一人、生徒一人のマンツーマンレッスンが中心の授業で、さらに授業時間が長く、英語で会話する機会も他国留学に比べて多いです。

これは留学しないと経験できないことですね。

発音矯正ができる

マンツーマン授業を提供しているフィリピンだからこそ、先生は目の前の生徒1人の英語をしっかり見ることができます。

そのため、発音の細かい修正も、その場で逃さず直してくれます。

1週間であっても発音の部分はマンツーマン授業の中でしっかりと矯正ができます。

スケジュールを組みやすい

1週間留学はその短さゆえに、スケジュールを組みやすく、気軽に留学ができます。

特に社会人の方には、長期留学はハードルが高いでしょう。

長期留学をするとなると、会社を辞めざるを得ませんが、1週間でしたらGWや年末年始などに留学することができます。

会社を辞めずに留学をしたい方にはオススメです。

長期留学前の下見ができる

すでにフィリピンに長期留学の予定がある方は、長期留学の下見として1週間留学は良いと思います。

フィリピンは日本と全く違う環境なので、いきなり長期留学でフィリピンで生活するには不安もあると思います。

まずは1週間フィリピンに留学をして、フィリピンでの生活や授業に慣れておくと、その後の長期留学も安心して行くことができますね。

フィリピン語学留学1週間にかかる費用

では、実際に安いと言われているフィリピン語学留学1週間でかかる費用はどれくらいなのでしょうか?


内訳

フィリピン語学留学1週間でかかる費用の内訳です。

  • 渡航費:5万円前後
  • 授業料及び寮費(デポジット、テキスト費、光熱費込み):9万円前後
  • 保険料:2千円前後
  • 現地お小遣い:1万円
  • 空港ピックアップ:2千円前後

※ビザは30日未満の滞在になるので必要ありません。

総額約15万円で行くことができます!

費用を抑えるには

  • 大人数の部屋タイプを選ぶ!
  • 海外旅行保険はクレジットカード付帯のものを活用する!
  • 渡航は人気時期とずらす!
  • 生活費を抑える!

 

宿泊費は、ルームシェアの人数を増やすと金額を抑えることができ、確実に費用を抑える事ができます。

6人部屋を用意している学校もあり、1人部屋に比べると約4万円も宿泊費用を抑えることができます。


保険費用も年会費無料のクレジットカードを持っていれば無料にすることができます。


例えば5、6月は片道1万円で行ける日もある程、かなりお得に航空券を探す事が出来ます。

また、夏休みや春休みは必然的に航空券が高騰する座席が早く埋まってしまうので、繁忙期を避け早めに航空券を取るなどして対策をとりましょう。


そもそも、フィリピンの物価は日本の3分の1

なのでたくさんお金を使うことはないと思います。

それでも極力抑えたいのであれば、全て寮内で食事をすませると外食代も抑えることができますね。


費用についてもっと詳しく知りたい人はこちら


フィリピン留学に最低限必要な持ち物

フィリピン留学に最低限必要な持ち物をお教えします。

これさえあれば大丈夫!


  • パスポート
  • 航空券
  • 海外旅行保険証
  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子辞書
  • スマホ
  • 充電器
  • 変圧器
  • メガネ
  • コンタクト
  • 常備薬


これらはフィリピンで購入するのが難しいので、日本から持って行くのがマストです。

そのほかのものは現地でも買うことができるので、忘れてしまったとしても大丈夫です。

詳しい持ち物はこちら

有意義に過ごすためのオススメの語学学校

あなたは1週間のフィリピン語学留学をどのように過ごしたいですか?

せっかくフィリピンにいくのだから、観光もしながら勉強がしたいリゾート派

1週間で出来るだけたくさん授業を受けたい!というストイック派

それぞれに合わせた語学学校を紹介します。

リゾート派にオススメの語学学校

QQ English シーフロント校

海に囲まれたリゾート地でリフレッシュしながら英語が学べます。

授業が日中に終わるので、放課後に観光することもできます。

1週間¥84,500-

https://studyin.jp/school/qq-english-sea-front/course


Genius English(ジーニアス)

留学とリゾートでのリフレッシュ、その両方を味わうことができるコースがあり、クタンの5つ星ホテル「シャングリラ」の宿泊者しか使えないビーチやプール、ジム、サウナ、ジャグジー、テニスコートなどを自由に利用することが可能です。 授業内容は、Generalコースと同一で充実しており、授業は必ず15時に終了するため、授業後、毎日ホテルでリフレッシュすることも可能です。

1週間¥75,000-

https://studyin.jp/school/genius-english

ストイック派にオススメの語学学校

CG ESL Center Banilad Campus

1日最大12時間たっぷりとレッスンを受けることができます。

また、学生一人ひとりに担当のマネージャーが付き、開始から終了までしっかりとサポートします。

1週間¥96,800-

https://studyin.jp/school/CG-banilad


EV ACADEMY

スパルタコースを受講する方は、セブでも屈指のスパルタ校ですが、校内にはコーヒーショップ、ビリヤード、ジム、卓球台、プールがあったりと、気分転換できる環境も整っています。

スパルタコースは平日外出禁止です。

1週間¥77,880-

https://studyin.jp/school/ev-academy

フィリピン語学留学における注意点

日本では当たり前のことがフィリピンでは通用しません!

特に何に注意すべきか、代表的なものを紹介します。

知らない人についていかない

フィリピンでは日本人はお金持ちのイメージがついています。また押しに弱いので狙われやすいです。

例えば「日本に興味がある」「君に見せたいものがある」などと声をかけついていくとお金を奪われたり、詐欺などの被害に合うこともあります。

スリや置き引き、ひったくりに注意

フィリピンではまだスリや置き引きなど、窃盗の犯罪が多いです。

公共交通機関であるジプニーというバスでも、車内は暗く、隣の人との距離が近いこともあるのでスリの被害に合うことが多いです。

1人で乗ることは避けましょう。

また、ダウンタウンなど治安の悪い都市では、ひったくりに合うこともあるので、外出するときの荷物は最低限にする、トートバッグは避けるなど対策は必須です。

偽札に注意

フィリピンでは店員さんがお札をチェックしている場面をよく見かけます。それほど偽札が出回っているということです。

例えば現地の人に両替を頼まれ、両替をしてあげると偽札を渡されていた、ということもあります。

知らないフィリピン人とお金を両替をするのはやめましょう。

まとめ

1週間のフィリピン語学留学。

たった1週間といっても学べることは多いです。

忙しい方にとっては英語に囲まれる良いきっかけになるでしょう。

スパルタ校やノンスパルタ校など、一概にフィリピン留学といってもたくさんの種類の語学学校があります。

自分にあった学校を選び、充実した留学生活にしましょう!

自分にあった語学学校や不安なことなど、わからない方はお気軽にこちらにご連絡ください!

充実した留学にしましょう!


関連記事

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844