受付時間
10:00-21:00
お急ぎの方は無料の電話相談
0120-100-844
受付時間:10:00〜21:00
MENU
StudyInスタッフブログ

フィリピン留学の6つのデメリットと気をつけるべきこと

充実した留学をするためにデメリットを事前に知っておくことは大切です。そこで今回は、フィリピン留学のデメリットと気を付けるべきことを、
【学校・寮編】【英語編】【食編】
に分けてお話します。

目次

●学校・寮編

インターネットの通信速度が遅い

施設があまりきれいではない

水が飲めない

●英語編

講師にフィリピン訛りがある場合がある

英語初心者の日本人学生が多い

●食編

ごはんがまずい

学校・寮編

フィリピン留学は全寮制の学校も多く、滞在期間のほとんどの時間を語学学校と寮で過ごすことになります。

そんな学校や寮の滞在で発生するデメリットを3つ紹介します。

▶ホテル滞在を希望される方はこちらの記事をチェック:【女子必見】超綺麗なホテル滞在可能のフィリピン語学学校5選

・インターネットの通信速度が遅い

 

フィリピンの語学学校・寮はWi-Fiを完備しているところがほとんどです。しかしWi-Fiの通信が安定していないところが多く、通信速度も日本に比べるとかなり遅いです。

フィリピンでも動画を見たり、SNSをたくさん使ったり、不自由なくインターネットを使いたいという方は日本でLTE対応のポケットWi-Fiをレンタルしていくこと現地でSIMを購入していかれることをおすすめします。

▶詳しくは留学先のインターネット環境について〜留学先でWi-Fiは使えるの?〜をお読みください。

・施設があまりきれいではない

フィリピンの語学学校はお世辞にもとてもきれいとはいえません。

トイレがよくつまってしまったり、シャワーの水圧が弱かったりなど、、。

日本の手入れの行き届いた環境に慣れてしまっていてギャップに戸惑う声をしばしば耳にします。


こちらは学校・寮によってあたり外れが大きいので清潔感を重視される方は事前に気になる学校・寮の内装はしっかりとチェックしていくのがおすすすめです。

(語学学校一覧ページはこちら)


参考までにフィリピンの代表的な語学学校の内装を見てみましょう。


【学校】

食堂です。清潔さは写真から確認するのは難しいですが意外にも(?)結構おしゃれですね。
食堂です。清潔さは写真から確認するのは難しいですが意外にも(?)結構おしゃれですね。
プールが付設した語学学校なんかもあります。贅沢ですね。
プールが付設した語学学校なんかもあります。贅沢ですね。

【寮】

3人部屋のイメージはこんな感じです。デザインはそれぞれの寮の個性がでるのでいろいろ見てみるのも面白いかもしれませんね。
3人部屋のイメージはこんな感じです。デザインはそれぞれの寮の個性がでるのでいろいろ見てみるのも面白いかもしれませんね。

施設が綺麗なオススメ校3選!

今回は特別にStudyInが綺麗な学校として紹介している学校の一部をお教えします!

 これら以外にも綺麗な学校はあるので気になる方はカウンセラーにお尋ねください。

水が飲めない

フィリピンの水道水は日本のように綺麗ではありません。そのため、ローカルなお店で出てくるお水や、水道水を飲んでしまうと、お腹を壊してしまします。


しかし、語学学校では、ウォーターサーバーを設置してくれているので安心です。

自分でもスーパーでペットボトルのお水を買うなど、気を付ければ腹痛は防げるので、心配ありません。


私はうがいをするときも、ウォーターサーバーの水を使っていました!

英語編

続いて英語学習面のデメリットです。

・講師にフィリピン訛りがある場合がある

 フィリピン人講師は残念ながらネイティブではありません。

(日本人で数年海外に住んでいて英語が流暢という人も決してネイティブとはいえないのと同じです)


しかし、フィリピンは独立前にスペインからアメリカの支配下に移った背景もあり、群島からなるフィリピンには母語が170以上存在するた、国内での意思疎通のために昔から公用語として英語が使われてきました。


そのため、フィリピン英語の訛りといっても日本のカタカナ英語のようなものではありませんので、それほど心配する必要はありません。

過去にNHKの番組で、フィリピン英語とネイティブ英語の違いを紹介しているものがあったので、気になる方はこちらを見てみてください。


▶フィリピン人英語の訛りについての記事↓

「フィリピン人の英語力って大丈夫なの?その疑問を徹底解説します!」

・英語初心者の日本人学生が多い

 フィリピンにある語学学校のほとんどが日本資本か韓国資本の学校であり、特に日本資本の学校には日本人が多く集まります。

そのため、せっかくの留学なのに休憩時間や放課後は日本人同士で固まって過ごしてしまうというケースがよくあります。

これは、フィリピン留学で思ったより英語力が伸びなかったという失敗の一つの原因にもなり得ます。


この失敗を避けるための対策が二つあります。


❶学生の国籍比率がバランスの良い学校を選ぶ

国籍比率が偏っていない学校では学生同士の会話に英語が使われるので、プライベートの時間を授業で習った英語の復習に使うことができます。

▶学校を選びのコツはこちらの記事を参考にしてください。 

 

❷English Only Policy(EOP)の徹底された学校を選ぶ

EOPとは英語以外の言語を使ってはいけないという規則です。EOPを設ける学校は多くありますが徹底されている学校は少ないのが現状です。

英語しか話せない厳しい環境で自分を追い込みたいという方へのオススメ校2選!

CG English Academy

セブにある名門スパルタ校です。中心地から少し離れた郊外にある日本人の少ない学校で落ち着いた環境で英語学習に集中して取り組むことができます。

MONOL

バギオにあるフィリピン最安値のセミスパルタ校です。反復学習が徹底されており定着しやすいカリキュラムが組まれています。 

食編

・ごはんがまずい

 毎年一定のフィリピン留学卒業生から聞かれるのがこれです。というのも、フィリピンの料理は味付けが基本的に甘いのです。

日本人は甘い料理になじみがないため、フィリピン料理をマズイと感じてしまうのでしょう。

実際私もフィリピンに行って現地の人に料理をふるまってもらった経験が何度かあるのですが、本当に当たり外れが大きいといった印象でした。


有名なフィリピン料理を2つ紹介したいと思います!

sisig(シシグ)

言わずと知れた(?)フィリピンの有名料理です。

豚の耳と玉ねぎを細かく刻んで炒めたものでかなり脂っこいです。個人的にはごはんに合わせて卵をトッピングしたチャーハン風のアレンジレシピがとてもおいしかったです。

味が濃いのでお酒のつまみにもぴったりですね。 

balut(バロット)

グロテクスな画像なためモザイク処理をしています
グロテクスな画像なためモザイク処理をしています

こちらもフィリピンで有名な孵化直前のアヒルを加熱したゆで卵です。

塩とハーブ類や柑橘類の汁を入れ、小さめのスプーンでかき混ぜてスプーンですくって食べます。

フィリピンでは屋台などで一般的に提供されている料理ですので、思い出のネタとして挑戦してみるのもいいのではないでしょうか!?(ちなみにわたしは挑戦していません笑) 

まとめ

 このようにフィリピン留学にはメリットだけでなくデメリットがたくさんありますが、事前に知っておくことで充実した留学を実現できます。


▶メリットを紹介している記事はこちら

「実はこんなにも魅力があった。フィリピン留学のメリット10個!!」

この記事を書いた人

この記事を書いた人

井上理奈 Rina Inoue

関西外語大学在学中に2年間アメリカのヴァルパライゾ大学へ留学、組織心理学を学ぶ。大学在学中は、アジア系アメリカ人団体のリーダーとして組織を牽引。両大学を卒業後、外資系企業にてインターンを経験。人一倍愛情深い留学コンサルタント。


関連記事

留学説明会・資料請求はこちら

かんたん資料請求

数項目のフォーム入力で資料をお届けします。先ずはお気軽にお申込み下さい。

かんたん資料請求

無料留学説明会

1回につき、先着6名様までとなっております。先ずはお気軽にお問合せください。

留学説明会

電話でご相談

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

受付時間:10:00〜21:00

今すぐ相談したい人
カウンセラーに直接相談
0120-100-844